今日の迷言・余言・禁言

神には「救い」の“ひとかけら”もなかった

世の中には「救いようのない事件」というのが時々起こる。今回、インドで8人の男たちが逮捕された事件は、正にその典型だった。8人の中には未成年者もおり、警察官もいた。事件とは、8歳の少女が雑草林の中から遺体で発見され、それが8人の男たちにヒンズー寺院の中に監禁されて、次々と繰り返しレイプされ、挙句の果てに首を絞められ、石で殴られて、滅茶苦茶にされた後、その死体を雑草林の中に放り投げだされていた、という内容であることが判明した。しかも、彼らは全員がヒンズー教徒だった。つまり、敬虔なヒンズー教徒たちが、神聖なヒンズー寺院の中で、わずか8歳の少女を、男たちの中には未成年者も、警察官もいたのに、誰ひとり少女の懇願に耳を傾けることもなく、何度も繰り返しレイプし、使い物にならなくなると首を絞め、最後は石で殴り殺して、雑草林の中に放り出したのだった。この事件のどこに「救い」を見出せるだろうか。インドの男性には「集団レイプ」の習慣でもあるのか、時折、集団レイプの事件が起こる。だから、それだけなら「またか…」で通り過ぎられる。けれども、まだ8歳の少女…18歳ではない。しかも、3人とか4人とかではない。8人だ。どこかの一室ではない。ヒンズー寺院内だ。しかも、全員がヒンズー教徒なのだ。さらには警察官もいた。ここに究極の“救いようのなさ”が潜んでいる。誰を信じれば良いのだ。誰に助けを求めれば良いのだ。しかも、5日間も監禁して、かわるがわるレイプし続けたのだ。大昔「一度だけなら」という歌があったが、ヒンズー教徒たちは一度だけで満足できなかったのだ。そして、最終的には雑草林の中に無造作に放り出されたのだ。神聖なるヒンズー教寺院から、死体は屋外へと運ばれ、土葬するのでもなく棄てられたのだ。ヒンズーの神には「救い」のひとかけらもなく、あったのは「破壊」だけだった。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.