今日の迷言・余言・禁言

盛り上がること間違いなし「金メダル預金」⁉

日本の銀行の金利は現在“世界最低水準”である。だから銀行にお金を預けても一向に増えない。ところが、そうではない時代もあった。バブル期には年8%の金利で10年間放っておけば“2倍以上の金額”になった時代もある。現在でも、そういう国はたくさん存在する。金利が20%を超えている国もある。う~ん、羨ましい。そこで…というわけでもないのだろうが、プロ野球「広島カープ」のおひざ元にある「もみじ銀行」や「広島銀行」では、広島カープの成績によって金利が上乗せされる「定期預金」の受付が始まった。もみじ銀行の方は「カープV預金2019」という一年物の定期預金だ。カープの成績に準じて通常よりも0.1~0.025%金利が上乗せされる方式だ。広島銀行の方はカープの主催ゲームの観客動員数を用いる「カープを応援しよう!定期預金」というものだが、同じく0.1~0.025%上乗せされるらしい。どちらも“地元愛”が色濃く出ていて微笑ましいともいえるが、ただ“0.1~0.025%”という金利の上乗せが、なんかみみっちいというか、切ないというか、もう少し大胆に出来ないものなのか。そこで、この方式を東京オリンピックにも導入しない手はない。例えば「東京オリンピック・金メダル預金2020」(一年物定期預金)として、金メダルを日本選手が一つ取るごと金利が0.25%上昇していくというのはどうだろう。これなら金メダルを20個取れば金利を5%まで上昇させられる。丁度良い金利になるではないか。日本中から申し込みが殺到することで、銀行としても採算がとれるのではないか? 預けた人達は日本人選手に対して金メダルが取れるよう必死に声援し、銀行員の方達は逆に日本人選手が“破れる”方への応援に必死となる。東京オリンピックそのものが、妙な形で日本中を熱狂させるのだ。そして、その前に住宅金利もつられて上がっては大変と、駆け込み需要が急増する可能性もある。もっとも、惜しくも「銀メダル」だった選手は“熱狂の渦”から放り出されて哀しい想いを味わうのだが…。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.