今日の迷言・余言・禁言

盛り上がること間違いなし「金メダル預金」⁉

日本の銀行の金利は現在“世界最低水準”である。だから銀行にお金を預けても一向に増えない。ところが、そうではない時代もあった。バブル期には年8%の金利で10年間放っておけば“2倍以上の金額”になった時代もある。現在でも、そういう国はたくさん存在する。金利が20%を超えている国もある。う~ん、羨ましい。そこで…というわけでもないのだろうが、プロ野球「広島カープ」のおひざ元にある「もみじ銀行」や「広島銀行」では、広島カープの成績によって金利が上乗せされる「定期預金」の受付が始まった。もみじ銀行の方は「カープV預金2019」という一年物の定期預金だ。カープの成績に準じて通常よりも0.1~0.025%金利が上乗せされる方式だ。広島銀行の方はカープの主催ゲームの観客動員数を用いる「カープを応援しよう!定期預金」というものだが、同じく0.1~0.025%上乗せされるらしい。どちらも“地元愛”が色濃く出ていて微笑ましいともいえるが、ただ“0.1~0.025%”という金利の上乗せが、なんかみみっちいというか、切ないというか、もう少し大胆に出来ないものなのか。そこで、この方式を東京オリンピックにも導入しない手はない。例えば「東京オリンピック・金メダル預金2020」(一年物定期預金)として、金メダルを日本選手が一つ取るごと金利が0.25%上昇していくというのはどうだろう。これなら金メダルを20個取れば金利を5%まで上昇させられる。丁度良い金利になるではないか。日本中から申し込みが殺到することで、銀行としても採算がとれるのではないか? 預けた人達は日本人選手に対して金メダルが取れるよう必死に声援し、銀行員の方達は逆に日本人選手が“破れる”方への応援に必死となる。東京オリンピックそのものが、妙な形で日本中を熱狂させるのだ。そして、その前に住宅金利もつられて上がっては大変と、駆け込み需要が急増する可能性もある。もっとも、惜しくも「銀メダル」だった選手は“熱狂の渦”から放り出されて哀しい想いを味わうのだが…。


最近の記事はこちら

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.