今日の迷言・余言・禁言

盛り上がらないこと必至「リモート五輪」開催⁉

最近「飲み会」とかを“リモートで行う”等という人達が増えてきた。「画面を見て乾杯」なんて、なんか寂しい気もするが、案外「そうではない」と主張する人たちもいる。普段なら、或いは一人でなら、なかなか足を踏み入れにくい場所へでも、リモートなら平気だからというのだ。確かに、飲食店などで、ふだん一人でだと、なかなか足を踏み込みにくい店はある。「会員制の店」などだと、誰かの紹介とかがないとは入れない。まあ、そうまでして入りたい店も、私の場合にはないが…。けれども、ふだん味わったことのない雰囲気を“覗き見たい”という心理はだれにだってある。そう考えると「リモート飲み会」というのも、一応“新しい形”とは言えそうだ。実は昨日、IOCの有力委員の一人であるピエールオリビア氏が“2020年夏”に延期された「東京五輪」について、実際に開催するかどうかの最終判断は「来年春になるだろう」と述べたらしい。来年夏に決まったものと思っていた私は、それを知って初めて「決まったわけではなかった」という事実を知った。もし、来年の夏が無理であった場合には「東京五輪」は無くなってしまう…と、それだけは決まっているらしい。そこでだ。どうせ、いろいろ用意はしたのだし、この際「リモート五輪」というのはどうだろう…と私は思うのだ。各国ごと、ささやかに開催して、東京から世界各国を中継で繋いで“時差”や“季節の違い”や“競技場の違い”など、それぞれを楽しみながら行う。元々オリンピック精神というものは、そういうものではなかったのか。「参加することに意義がある」と言っていたのは誰だ。今やオリンピックは完全に商業化され、何千個も“メダル”が用意され、参加することに“意義がある”のか疑問になっている。あまりにも競技数が多くなりすぎていて、“素朴な世界一”を争う大会ではなくなっている。誰もが「速い」と思う選手。誰もが「強い」と思う選手。誰もが「すごい」と思う能力。そういうもので十分ではないのか。0.01秒を争うなんて、ほんとうの速さや強さではない。ぶっちぎり、誰が見ても群を抜いている選手。それであれば世界中の称賛に値する。もはや、オリンピックは古代ギリシャの精神を失ったのだ。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.