今日の迷言・余言・禁言

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、その男性社員たちの奇妙なまでの“追悼メッセージ”の数々だ。確かに、社長の「死」は突然であったかもしれない。確かに、社長一代で今日の“芸能王国”を築き上げたのかもしれない。その功績は誰もが認める。但し、彼はもう87歳であり、普通ならもう“第一線”から退いても良い年齢である。けれども、彼は倒れる直前まで仕事をし続けていた。もちろん、それは立派なことではあるが、同時にそれは“脆弱な企業組織”であることの証明でもある。一企業としてみた場合、創業から現在まで、一人の人物だけに頼ったことは組織としてあまり褒められたことではない。ここ数年、社長自身がそれを意識したかのように“後継組織作り”を進めていたようにも思えるが、まだ完成していなかった。おそらく当面の後継者は藤島ジュリー氏なのだろうが、女性で“男性社員ばかりの組織”を上手く束ねられるか疑問の余地もある。ただ、そういうことを除けば、社長個人として、こんなに社員たちから熱烈に支持されてきたことは幸福なことでもある。但し、男性社員の誰もが、まるで予期せぬ事故で逝ってしまった恋人に当てたような“追悼メッセージ”を載せるのは、いかがなものだろう。例えば40歳となる堂本剛氏は《この世の中にある すべての言葉と想いで綴っても 僕の胸の中は伝えることが出来ないよ あなたが命尽きるまでの 最後の最期まで (中略) いつまでも抱きしめて生きていくよ (中略) 愛しているよ ありがとう 宇宙一大好きだよ》う~む、追悼のメッセージって、こんなに熱烈なものだったっけ。もちろん、87歳の社長は尊敬すべき人だったのだろう。それは理解できるのだが、普通、40歳の男性社員が亡くなった87歳の社長に向かって「宇宙一大好きだよ」とか、言うかな。百歩譲って仮にそう思っていたとしても、それを公共の「追悼メッセージ」として載せるだろうか。どうも、その辺のところが私には理解不能なのだ。もしかするとこれは、所属している男性社員たちの誰よりも、自分と社長とは“愛し愛された関係”にあったという同僚たちへの強烈なアピールではないのか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.