今日の迷言・余言・禁言

男性の方が「DV」に耐えていた⁉

「家庭内DV」と言うと、どうしても男性から女性に対しての暴力を連想しがちである。けれども「言葉の暴力」に限って言えば、女性も決して負けてはいない。いや、夫婦間では女性の方が“言葉の暴力”を振るっていた、ということが明らかになった。その調査は弁護士相談の「カケコム」アンケート方式によって行われた。それによると、配偶者から受けた言葉の暴力に関してのアンケートでは、女性の側が7割、そして男性の側が9割(正確には92.9%)、過去に妻から“言葉の暴力”を受けたことがある、と回答しているのだ。確かに、言葉だけに限って言えば、女性は強い。さすがに“手を出す”女性は少ないが、言葉だけに限ってなら、DVは女性の方が行っている率が高い。どういうようなことを言っているのかと言えば「あなたとなんて結婚するんじゃなかった」「こんなオッサンと結婚しなければ良かった」「この甲斐性なし」「みっともないんだよ」「おい犬」「お前の人生滅茶苦茶にしてやる」「死ね」……なかなかに壮絶である。これらに対して、夫である男性達は、どう対応したのか。何らかの手段を取ったのか。「取りたいと思ったが、取れなかった」が40%、「(何も)取れなかった」が35%、合わせて75%の男性達は、何も出来ずにいるのだ。う~ん、こうしてみてくると、一般に言われているのとは逆に、男性達の方が“怖い妻”に怯えながらも必死に耐えているような印象を受けるのは私だけなのであろうか。現代の日本の男性は、諸外国に比べて紳士的である。昔のように、ちょっとしたことで“卓袱台をひっくり返す”ような男性は滅多に居ない。給料が振り込まれるようになって、主婦たちが働きに出るようになって、セクハラ、パワハラ、モラハラが騒がれるようになって、日本の男性達は軽々しく女性に接近できなくなった。うかつに、ものが言えない時代になったのだ。それに対して女性の側はどうかと言えば、近年、女性の弁護士が一気に増えて、被害者女性に味方しようと身構えている。弁護士相談に慣れていない男性は、結局、何を言われても黙るしかないのだ。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.