今日の迷言・余言・禁言

生まれ変わるための序曲

普通「生まれ変わり」というのは、一度“死んで後に生じる現象”とされていますが、いったん“仮死状態”に陥って、そこから奇跡的に生還する場合も、見かけは変わらなくても事実上の「生まれ変わり」とみるのが妥当であると思われます。さらに生命そのものには変化がなくても、新たな国や地域で、新たな名前で、新たな職業となり、新たな容貌・衣裳を身に着け、意識的に「生まれ変わり」別人と化して生きていく場合も、当然「生まれ変わり」とみなされます。そして、この最後のケースが案外多いものです。しかも、最後のケースでは“一気に生まれ変わる”というより、何年かかけて“徐々に生まれ変わっていく”人の方が多いものです。例えば、昔、長い黒髪で知られた女流作家だった瀬戸内晴美は、仏門に入り、剃髪をし、瀬戸内寂聴と名を変え、寺院に暮らすことで「生まれ変わり」を図りました。結局、“生まれ変わらない”ことを知った寂聴は、作家としての活動を本格化させ、大衆に対しての“講演”を“法話”に変え、俗人としての食事内容に変え、秘書を雇い、90歳を過ぎても旺盛な執筆活動を行っています。この人は、実際には「生まれ変わり」に失敗したのですが、途中から開き直り「生まれ変わっても何も変わらない」ことを大衆に伝えようと「現世を精いっぱい愉しみなさい」という法話に変えていったのです。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.