今日の迷言・余言・禁言

生まれ変わっていた冥王星を証明?

太陽系の誕生初期に“冥王星が生まれ変わっていた”ことを東大などの研究チームが実験とシミュレーションから証明、このほど科学雑誌で公表した。それによると、冥王星の赤道付近にある“クジラ模様”は、太陽系が誕生して間もない頃に原始惑星同士が衝突した結果として生じたということを解明したのだそうだ。つまり、冥王星の大きな衛星カロンは、その衝突時に産れた子供星として存在していることになる。実は“そういう仮説”は前からあった。今回は、それを科学実験的に証明したということだ。そして、それは占星学にとっては中々有意義な証明なのだ。というのも、占星学においては冥王星は「生まれ変わりの星」ということになっていて“復活・再生”を意味する惑星とされてきた。天文学上では“準惑星”に降格されたが、占星学上では、その後も“復活・再生”の役割を演じ続けてきている貴重な星なのだ。占星術師の中には、準惑星に降格された冥王星に“もう用はない”と冷たくあしらっている方もいるが、とんでもない。実際に数多くのホロスコープを実占的に手掛けていれば、この惑星を外して“運命を読む”などということは無謀以外の何物でもない。それくらい“その現象が判然としている惑星”なのだ。われわれの生活の中でも、リサイクル事業は今や欠かせない。“再婚”や“再就職”や“再生医療”も欠かせない。それらを左右しているのが、この惑星なのだ。それにしても、どうして占星学では、最初から“生まれ変わりの星”と認識できたのだろう。よく占星学の教科書などでは、発見当時の“世の中の事象”を当て嵌めている…などと説明されるが、私には信じがたい。天王星は横倒しになって動いている“反逆者”だし、海王星は霧に包まれた“不透明な星”で、それら実際の天文学事象がそのまま“意味合い”として使用されていたと見る方が自然だからだ。神話世界など“偶然?”に一致していただけかもしれない。


最近の記事はこちら

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.