今日の迷言・余言・禁言

理想と現実の接点

この時期、どの企業でもお店でも「新人さん」が目につく。多分、新卒で入社し、研修を終えて間もない「新しい顔」が、初めての現場で“新たな道”を歩み始めたのだ。その姿は、とても初々しい。彼ら、彼女らは、それぞれに“自分の扉”を探し当て、その扉を開いて、自らの足で“新たな道”を歩み始めたのだ。それがどのような仕事であれ、自分の“身の置き場”を得たことは、それだけで“学びを終えた姿”として評価できるものがある。そう、人は誰でも、まず学び、それから社会に出て“一人の大人として”働きだす。そういう過程を誰でも経ている。けれども、時として、その過程で躓くことがある。「学び」の最初“入学”段階で躓くこともあれば、その途中の“学習”段階で躓くこともあれば、最後の“卒業”段階で躓くこともある。次の「就職」段階で躓くこともあれば、実際の「仕事」段階で躓くこともある。一見、誰もが順調なスタートを切っているように見えても、実際には“もがき苦しんでいる人達”が多いのもこの時期なのだ。特に、学校や就職先の選択が迫っている人達にとっては「迷い」と「焦り」が出やすいのがこの時期かもしれない。ただ人生は長く、いくらでもやり直しがきく。この事実を“忘れてしまう”人たちが多い。「理想」と「現実」の間には“大きなへだたり”がある。みんなその“へだたり”の隙間の中で生きている。「理想」には手が届かなくて「現実」に這いつくばりながら、必死に生きているのがほとんどの人なのだ。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.