今日の迷言・余言・禁言

現代社会に「セーラームーン」が“お仕置き”する⁉

1990年代に放映され大人気を博したアニメに「美少女戦士セーラームーン」がある。今年は放送開始から25周年に当たるという。そこで玩具メーカーのバンダイから登場したのが、大人になった女性達に向けての「変身アイテム」である。と言ってもコスプレをするための“美少女戦士”衣裳グッズを販売するわけではない。子供向けではなく、あくまで大人女性向けに開発されたコスメ用品を、美少女戦士の「変身アイテム」に詰めて持ち歩かせようという試みだ。美少女戦士たちが身につけていたブローチとか、ムーンスティックとかの中に、密かにメイクするためのフェイスパウダーを詰めたり、チークブラシを潜ませたりして、現代社会と闘うための「大人用の変身アイテム」とする。そうすれば「悪者たちに負けない」「お仕置きをすることが出来る」というのだ。果たして、実際にそうなるかどうかはともかく、なかなか面白い試みであることは間違いがない。何よりも可愛らしい“セーラームーングッズ”が化粧用品として揃えられていく、というのが良い。私は知らなかったが、バンダイでは元々「クレアボーテ」という独自のコスメブランドが存在していたのだそうだ。だから、そういう点では決して子供向けの“化粧品まがいの品”ではなくて、本格的な女性メイク用品ばかりなのだ。「現代社会で戦う乙女たち」というキャッチフレーズもなかなか良い。セーラームーンでコスメ変身することで、女性たちは強くなれるのだ。反応としては上々で「懐かしいものを手に入れて嬉しい」という反応から「子供に戻った気分になれる」という女性までさまざまなようだ。私は、ふと岩崎宏美氏が歌った「聖母たちのララバイ」を想い出した。「男」も傷つきやすいが「女」も“傷を負った兵士”だったのかもしれない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.