今日の迷言・余言・禁言

特殊詐欺“かけ子”も“受け子”も実名報道すべし

海外から時々、日本人が“大量に捕まる”ニュースが飛び込んでくる。昨日、タイのパタヤでは新たに8人のグループが捕まり、フィリピンのマニラでは36人のグループが捕まった。東南アジアを拠点にした“特殊詐欺グループ逮捕”のニュースは当然のことながら、現地でも報道される。性懲りもなく何度も“特殊詐欺”で摘発される。それなのに、この種の犯罪は一向に減らない。もし、逮捕された人々を全員“顔写真入りの実名”でTV報道したなら、あっという間に“この種の犯罪”は減っていくのではないかと思うのだが、理由は判然としないが、顔写真も、実名も、決して報道されることはない。けれども、彼らの行っていることは、正真正銘の詐欺である。今回の場合でも、マニラ拠点の詐欺では被害は1400件に及び、被害総額は20億円に及ぶ。確かに、彼らは最初から“特殊詐欺”だと知って仲間に加わった人物ばかりではない。「効率の良いアルバイト」とか「ちょっとだけ稼いでみないか」という誘い文句に引っ掛かった人々も多い。けれども結果的には“特殊詐欺グループ”の手先となって動いたことは間違いがない。悪い事という自覚は持っていたはずなのだ。大体、海外まで出掛けて行って、一つの部屋に閉じこもり、終日、見知らぬ日本の高齢者に対して電話をかけまくるということが、犯罪加担の自覚なく出来るわけがない。しかも、現在は現金を直接送金させるという手口はもうとらない。キャッシュカードを受け取る、という形が圧倒的に多くなってきているのだ。悪質なのはマニラの方のグループは“金融庁の職員”を名乗っている。こういう役所関係からの問い合わせや指示に日本の高齢者は弱い。パタヤのグループは電子マネーを買わせる方法を使う。どちらにしても簡単に足がつく“現金”ではなくなっている。特殊詐欺グループと警察との“イタチごっこ”が続いているのが実態なのだ。もし、詐欺グループの“手足”となって働く「かけ子」や「受け子」の“なりて”が居なくなれば、自然にこの種の犯罪は減少する。なぜ、実名報道が出来ないのかわからないが、少なくとも18歳以上は“顔写真”と“実名”は公表するようになれば、急激にこの種の犯罪は減っていくだろう。


最近の記事はこちら

「復活」の運気を“活かせるか”が鍵

ここ数年、大塚久美子社長率いる「大塚家具」は窮地に立たされっぱなしだった。さまざまなところと提携するとか支援を受けるとかしながら、何とか生き延びている。そして、ここにきてヤマダ電機の“子会社”となるこ…続きを読む

若い女性達が「牛耳る国」が誕生した⁉

われわれ日本人は欧州について、中でも北欧の国々について、あまり知らない。ニュースが届くことが少ないからだ。例えば、フィンランドのこれまでの交通・通信相が34歳の若き女性であったことを知っていた人は少な…続きを読む

「身代わりパソコン」が体調を崩す⁉

私は12月~1月初旬くらいの間に体調を崩すことが多い。この頃になると、北海道は秋から“真冬”に変化する。12月の頭くらいまでは暖かくても、その後一気に外気が変わる。見慣れた風景も“晩秋”の落ち着いた景…続きを読む

「本当に初犯⁉」そんな警察官いやだ

ときどき警察官の不祥事がニュースとなる。その中には、まあこの程度なら…と思うような事件もあるが、許しがたい事件もある。昨日、山形県から飛び込んできたニュースは、いろいろな意味で疑問符がつく。まず、勤務…続きを読む

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.