今日の迷言・余言・禁言

熾烈な「競争社会」に安息の日は来ない

“自虐ネタ”を売り物にして人気を得ていた女性芸人のパク・ジソン氏(36歳)が昨日、自宅で母親と共に死亡しているのが発見された。母親との“心中”を計ったとみられる。韓国では近年、ネット上での批判・中傷の書き込みで自殺に追い込まれたケースが多く、社会問題化している。日本でも同じようなケースはあるが、韓国人はもともと“批評精神”が旺盛な国民性を持っているだけに、いったん火が付くと消しようがない。最近でも、ク・ハラ氏、ソルリ氏、キム・ジョンピョン氏などの芸能人が、ネット中傷が元で自殺している。日本の場合は、必ずしも、ネットでの中傷がそのまま「死」に結び付くことは少ないが「競争社会」の典型である韓国では、足を引っ張ろうとする意図も含めて、あからさまな批判や中傷がネット上にはびこっている。特に、今年のように家にいる時間が多くならざるを得ないと、調べようとしなくても、さまざまな情報や書き込みが目に入ってくる。過敏な年代にとって、急激な社会変化や経済不安はストレスを助長させるものであることは言うまでもない。韓国は日本以上に“変化の波”が激しい。そして日本以上に“競争意識”が強い。その結果、若者たちからは誰でも本能的な“焦り”のようなものが潜在的に窺われる。近年では10歳~39歳までの死因のトップに「自殺」が来るようになっている。情報化社会は、好むと好まざるとに関わらず「比べる」ということが習慣化しやすい社会である。けれども、比べることがプラスに働くことはあまりない。人間というのは自分にとっての「マイペース」が保てないと、安息の日は得られない。強制的な“ゆとり”というのも良くないのだが、自分にとっての“ゆとり”は精神を安定させるうえでも必要なものなのである。「比べても意味がない」ということを理解していけば、自然と“競争意識”や“焦り”は薄れていくはずで、そういう社会を取り戻さないと、日本でも「生きる意味を見出せない若者たち」がどんどん増えていく。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.