今日の迷言・余言・禁言

熾烈な「競争社会」に安息の日は来ない

“自虐ネタ”を売り物にして人気を得ていた女性芸人のパク・ジソン氏(36歳)が昨日、自宅で母親と共に死亡しているのが発見された。母親との“心中”を計ったとみられる。韓国では近年、ネット上での批判・中傷の書き込みで自殺に追い込まれたケースが多く、社会問題化している。日本でも同じようなケースはあるが、韓国人はもともと“批評精神”が旺盛な国民性を持っているだけに、いったん火が付くと消しようがない。最近でも、ク・ハラ氏、ソルリ氏、キム・ジョンピョン氏などの芸能人が、ネット中傷が元で自殺している。日本の場合は、必ずしも、ネットでの中傷がそのまま「死」に結び付くことは少ないが「競争社会」の典型である韓国では、足を引っ張ろうとする意図も含めて、あからさまな批判や中傷がネット上にはびこっている。特に、今年のように家にいる時間が多くならざるを得ないと、調べようとしなくても、さまざまな情報や書き込みが目に入ってくる。過敏な年代にとって、急激な社会変化や経済不安はストレスを助長させるものであることは言うまでもない。韓国は日本以上に“変化の波”が激しい。そして日本以上に“競争意識”が強い。その結果、若者たちからは誰でも本能的な“焦り”のようなものが潜在的に窺われる。近年では10歳~39歳までの死因のトップに「自殺」が来るようになっている。情報化社会は、好むと好まざるとに関わらず「比べる」ということが習慣化しやすい社会である。けれども、比べることがプラスに働くことはあまりない。人間というのは自分にとっての「マイペース」が保てないと、安息の日は得られない。強制的な“ゆとり”というのも良くないのだが、自分にとっての“ゆとり”は精神を安定させるうえでも必要なものなのである。「比べても意味がない」ということを理解していけば、自然と“競争意識”や“焦り”は薄れていくはずで、そういう社会を取り戻さないと、日本でも「生きる意味を見出せない若者たち」がどんどん増えていく。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.