今日の迷言・余言・禁言

海老蔵に注がれる“応援”と“監視”の眼

昨日、市川海老蔵氏と小林麻耶氏の双方から「一年祭」の報告がなされた。仏式の“一周忌法要”に当たる神道式の儀式である。享年34歳の若さで逝った小林麻央氏の夫と実姉とから、それぞれ別に報告されていたことが印象的である。しかも、夫・海老蔵氏からは「麻央が残してくれた二人の子供と懸命に生きていきたい」とのコメントが添えられてある。それに対し、麻耶氏の方に自らのコメントはない。海老蔵氏は歌舞伎役者であるから、本来なら早い段階での“再婚”が望まれる。けれども“闘病中の小林麻央氏”には日本中から沢山の声援者たちがいた。亡くなった現在、その声援者たちは“海老蔵一家”の声援者となり、その子息たちも含めての応援者となっている人たちが多い。つまり、以前なら海老蔵氏は「市川海老蔵」個人として、舞台に立てばそれで良かった。けれども今は、そうではない。母を亡くした“子供たちの父親”としての振る舞いが“声援者たち”から要求されている。それは実姉である小林麻耶氏にしてもそうである。妹の療養中は“母替わり”として子供たちに接することが出来た。けれども、声援者たちは今、麻耶氏に“伯母さん”を要求する。もはや“母替わり”にはなれないのだ。だから、心を鬼にしてコメントを控える。海老蔵氏と麻耶氏との関係も微妙になった。本来なら、もっと接近して良いのだが、おそらく海老蔵氏の母親とか親戚とかがそれを許さない。何となくの雰囲気で、二人も、それを察知している。それらもあって、本来は“女好き”だった海老蔵氏だが、今は“父親”を前面に出さなければならない。現代は、著名人とファンとの垣根が明瞭ではない。その私生活もすぐに知られがちである。そして、私生活そのものが“ファンを作る”場合もある。時としてそれは多大な収入源にさえなる。けれども、同時にそれは、自らの私生活を“売る”ことにもつながる。誰も悪くはないのだが、ネットによる私生活が“晒される社会”は、あまりにもたくさんの犠牲を生んでいるような気がしてならない。


最近の記事はこちら

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.