今日の迷言・余言・禁言

海外の「ストーカー」は本当に怖い

現在は大学の客員教授でもあるタレント菊池桃子氏に対して、3月に現行犯逮捕されたばかりの元運転手のストーカーが、再び彼女の自宅インターホンを鳴らしたということで逮捕された。う~ん、しつこい。しかし、日本のストーカーなど、海外のストーカーに比べると、まだまだ“序の口”だなと感じさせるニュースが海外から飛び込んできた。このほどロンドン市内で逮捕されたストーカーのチャーリー・ブルッカー(30歳)は元恋人に対して「顔に硫酸を浴びせてやる」「ナイフで切りつけるぞ」「お前の頭を踏みつぶしてやる」などの強烈なメールを2500件も送信した。しかも、この男、前歴が96件もあったのだ。ストーカーのプロじゃないか。アメリカでは、初デート後に65000回ものメールを送信した女性が逮捕された。う~ん、なかなかの頑張り屋さん。中国では同級生の片想いが高じてストーカーと化し、身体に火をつけられてしまった美少女もいる。「燃えるような想い」だったのかもしれないが…。そういうわけで、菊池桃子氏に対するストーカーも、まだまだ海外のストーカーには勝てそうにない。今年、丁度50歳になった菊池桃子氏だが、未だ“若々しい風貌”で、だからこそストーカー男性が出現することになる。東京芸大は予定していた「ミスコン」を止めたそうであるが、その理由に「外見的美しさが、その内面性とも受け止められるから…」という風なことを述べていたが、冗談じゃない。一体、誰がそういう風に受け止めるのか。外貌的な“美”と、内面的な“美”は何の関係もない。芸大ならば「個性派美女ナンバー1」を決める大会でも行ったらどうだろう。「美」の基準は時代によっても異なり、地域によっても異なり、個々の趣味嗜好によっても異なる。みんなが同じものを「美しい」と感じるとしたなら、その方が私にははるかに怖い。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.