今日の迷言・余言・禁言

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現在、容疑者として収監されていたところから抜け出して、“逃亡中の身”である。謂わば「逃亡者」だ。その逃亡者が、フランスのルノー社に対して「退職金」としての“3000万円を要求・訴訟している”ことが明らかになった。よく「逃げも隠れもしない」という言葉があるが、日本の法律が及ばないところへと居住し、何不自由のない生活をしている。まるで、昔の“ギャング映画のボス”のようだ。そして、逃亡中の身でありながらも「退職金」を要求する。う~ん、何たる度胸。まあ、自分自身は「日産の幹部連中に嵌められた」と思っているようだから、悪びれていないのは当然だともいえる。ただ日本人なら、たとえそうであっても、逃亡者の身で「退職金請求」を行うようなことはしない。ますます「強欲な印象」を与えて、イメージが悪くなるではないか。ところが、真の合理主義者は、日産の問題は日産の問題、ルノーの問題はルノーの問題、という風に考える。私は直接訊いていないが、多分、そうだ。但し、彼の主張にも同意する部分はある。先日、日本の方の日産における2020年3月期の決算が発表されたが、6712億円という巨額赤字となった。もちろん、今年の場合は“コロナ騒動”も含んでいるから、さらに日産の場合は当然のことながら“ゴーン騒動”も含んでいるから、赤字転落は仕方がない。ただ、その赤字額が巨大すぎる。“リーマンショック時”でさえも、今回の三分の一くらいの赤字額であった。いかに今回の赤字額が突出しているかが分かろうというものである。さて、もしも、ゴーン氏が現在も日産の会長でいたなら、これほどの“赤字決算”を生じさせたであろうか。確かに、ゴーン氏のやり方には“問題”があった。そのために“追放”されたのだ。但し、彼が日本に来て、傾いていた日産を立て直し、素晴らしい業績へと転換させた事実は、事実として認めなければならない。日本人の多くは「汚れなさ」の方を取る。私も、どちらかと言えばそうだ。けれども“厚かましく要求する”人種・民族は、どこまでもたくましく生き延びていくのかもしれない。


最近の記事はこちら

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.