今日の迷言・余言・禁言

極寒の中「燃える火」は聖母のように暖かだった

ときどき“わからない”ことを言う人達がいる。世界気象機関の人達だ。昨年も確実に“地球温暖化”が進行している証拠がまた一つ見つかったというのだ。そういうことを言われて久しい。というか、そういうことを“信じかけて”久しい。けれども、問題は“今日の雪”、今日の“寒さ”、今日の“体感温度”。極寒波が来る―という地域での暮らし。アメリカさんだって、先日、シカゴ郊外でマイナス40度と騒いでいた。北海道は、そこまではいかないが、それでも日本一寒い町=陸別町とかならマイナス30度にはなる。百年以上前の記録でも良いなら、旭川でマイナス41度の日もあった。とにかく北海道は寒いのだ。そして明日は“極寒波”がやって来るのだ。だから“地球温暖化”など体感的には信じられない。明日は最高気温でも札幌でマイナス10度を超えないらしい。最低気温ではなく、最高気温がだ。つまり一日中、寒さに震えていなければならない。私は何故か寒くなると、幼い頃を思い出す。幼い頃のストーブの中、オレンジ色に“燃える火”が聖母のように輝いて見えた頃のことだ。昔の北国の子供たちは、真冬、輪になってストーブの前に集まり、その中で優雅に“燃える火”を黙って、いつまでも聖母であるかのごとくに見つめ続けていた。今は、残念ながら、そういうストーブは無くなった。子供達も集まらなくなった。部屋のどこに居ても暖かくなってしまった。“聖母”など、どこにもいないストーブに変わった。炎の揺らめきは消えて、膝を抱えるという“温まり方”もなくなった。寒いのは嫌いだが、あの“燃える火”を黙って見つめ続ける子供たちの“輪”は、本当に“絵”になって素晴らしかった。そうして、その“輪”の中には、確かに聖母が降りて来ていたのだ。どんなガキ大将も黙らせてしまう“不思議な優しさ”があった。札幌の「雪まつり」は確かに美しい。けれども、それは“人工的な美”だ。誰も命令したわけでもなく、指示したわけでもなく、黙っているのに集まって来て、いつの間にか“輪”になって、膝を抱えて、ただ黙って“燃える火”を見つめている。極寒の中で「炎」だけが、“妖しい微笑み”で踊り続けている。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.