今日の迷言・余言・禁言

本当は「水」なのに「血」が流れて来る⁉

「親子」とか「兄弟」とか「配偶者」とか、いったん“縁故関係”が成立した間柄というのは、実質的にその関係性が失われたとしても妙な形で付き纏う場合が多い。昔から「血は水よりも濃い」というが、最初から「水」だったのに、イメージとしての「血」がいつまでも作用し続けるケースもある。昨日、元光GENJIの大沢樹生氏と女優・喜多嶋舞氏との間に出生したことになっている長男22歳が、交際女性を「窒息死させようとした」ということで逮捕されていることが明らかになった。この長男というのはDNA鑑定によって、父親であった大沢氏との“親子関係不一致”が証明されている人物で、つまりは父親以外の男性と母・喜多嶋舞氏との性交渉で妊娠した児である、と法律的には判定が下っている。したがって、大沢樹生氏と喜多嶋舞氏が既に離婚している今、完全に“赤の他人”つまり「水」なのだが、世間のイメージとしては未だに「血」の関係として扱われ、昨日のニュースも喜多嶋舞氏の写真ではなく、大沢樹生氏の方の写真が使われていた。“とばっちり”としか言いようがない。このようなケースは、よく初婚の時の元配偶者が犯罪や事件を起こしたようなときとか、十代半ばで家を飛び出し音信も途絶えていた息子や娘が事件を起こしたようなときにも起こる。或いは交流のない義兄弟とか、親戚が事件を起こしたようなときにも起こる。大沢氏の事務所では「こちらには警察からも連絡がありませんので答えようがありません」とのコメントを出したが、もっともなことである。もはや何のゆかりもない。それでなくても彼は、DNA鑑定をしたことで勝訴したのに“悪者”のように扱われた。今になってみれば、あの時「水の関係」になっておいて良かった…と胸を撫で下ろしているに違いない。なにしろ22歳の長男は相当な“ワル”である。日本に戻ってすぐに知り合った女性宅に転がり込んで“ヒモ生活”をしながら、酒を飲むとDVを繰り返したのだ。こんな息子と“血が繋がっていたなら”今頃、大沢氏自身も大バッシングを受けていたことだろう。それにしても、大沢氏の額中央の髪際付近にはホクロがある。これは公的な履歴上の問題、或いは家系系譜上の問題に巻き込まれやすいことを意味する。未だに「光GENJI」としての“十字架”を誰よりも引き摺っているのは彼なのかもしれない。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.