今日の迷言・余言・禁言

本当に「棄てられたネコ」ばかりなの⁉

世の中「優しい人」というのはいるもので、傷ついた動物、お腹を空かした動物、さ迷っている動物、それらを助けてあげる人が時々いる。けれども、時には「ちょっと、やり過ぎ、助け過ぎ」という人もいる。十年前から、“棄てられていたネコ”ばかりを拾ってきて、世話している内に、それがどんどん増えてきたと、ご当人はおっしゃっている。果たして本当だろうか。なにしろ、神奈川県海老名市の民家から、行政が仲介して三つの動物愛護団体に保護されたネコは、総計144匹もいたのだ。どうやって一軒家の中に144匹もの猫を飼っていたのか、そのことにも驚くが、そんなに“捨て猫”ばかりが、近所にさ迷っているものだろうか。確かにネコというのは、“ネコ同士のネットワーク”が存在しているかのように、一ヵ所に集まりやすい性質を持っている。また、元々“ネコ好きな人”というのは、一匹や二匹ではなく、何匹ものネコを同時に飼いたがりやすい傾向を持っている。それにしても、いくら親切とは言っても、度を超えているし、きちんと面倒を見ていたのかどうかにも疑問が残る。なぜなら、元々、ここを行政が踏み込んだのは、周辺住民からの通報や苦情が後を絶たなかったからだ。つまり、生活に支障が及ぶほどの“強烈な臭い”が蔓延していたのだ。第一、144匹ものネコがいたなら、通常の民家なら、人間は一緒に居住できない。高所や隙間に入り込んでいるネコがいるかもしれないが、猫だけでもぎゅうぎゅう詰めになる。とてもではないが住人男性の布団を敷く空間など作れそうもない。おそらく100匹を超えた時点でギブアップだったはずなのに、それでも“拾い続けた”心理が解からない。おそらく“捨て猫”ではなくて元々“野良猫”だったネコたちに変わっていたのではないか。それに気付きながらも、しだいに追い出せなくなっていったのではないか。そのように考えると、ちょっと怖ろしいのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.