今日の迷言・余言・禁言

最後まで“不運を引き摺らせた”元交際相手

2015年の6月、“死体遺棄の共謀容疑”として逮捕された一人の女性がいる。本人は“死体とは知らなかった”として無罪を主張したが、結局、認められなかった。その再申請求が弁護側から出されている。元々、白百合女子大を出て“お嬢様”として育っている彼女が、前の交際相手に何も知らされず“死体遺棄”を手伝わされたのか、それとも、感じてはいても“断れない事情があった”のか、中々微妙な事件なのだ。いずれにしろ“ブルーシートに包まれた死体”を一緒に引きずる役目を担ったことは間違いない。そういう意味では、元交際相手は、最後まで“不運を引き摺らせた相手”なのだ。証言女性によると、彼女はその中身を“虎の死骸”と相手に教えられ、そのまま信じていたらしい。もっとも、それを聞いた証言者は“信じられない話”と当時から思っていたらしい。ただ世間知らずのお嬢様が、相手の言うことをそのまま“鵜呑み”にしてしまうケースはしばしばあり、必ずしも、彼女が意図的に嘘をついていた証言にはならない。実は彼女には、新しい婚約者がいて、既に実家に戻り“結婚待ち”の状態の中で逮捕された。もし、彼女が、意図的に嘘をついていた場合、その婚約者に、元の交際相手とのことを“知られるのが嫌”で、そのために薄々感づいてはいたが“死体遺棄を手伝った”可能性もないとは言えない。その一方、まったくの“お人好し”で元の交際相手から頼まれ何も考えずに“動物の死体”と信じて遺棄した可能性もある。いずれにしても、幸福な結婚をするはずだった彼女の人生は、良くない相手と付き合った過去が災いして、殺人遺棄の容疑者という“汚名”を背負って生きていくことになる。例え、再申請求が認められ、仮に“無罪”を勝ち取ったとしても、彼女を見る“白い眼”は決して消えない。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.