今日の迷言・余言・禁言

時代が「運命」を作る

昨日、一人の作家が死去した。「井出久美子」という作家を知っている人は少ない。実は、この人、第15代将軍・徳川慶喜の孫なのである。3400坪の屋敷に生れている。けれども、当然のことながら、徳川慶喜氏が“ただの人”となったため、その孫として“お姫様”ではいられなかった。夫にも戦死されるなど波乱の人生を歩んだ。「世が世であれば…」という表現があるが、その片鱗は彼女の顔貌にもあり、目と眉との間「田宅」部分が異常に広い。これは本来なら“広大な土地相続の相”である。同時に“人徳のある相”で、過去の陰徳が予期せぬ引き立てや恩恵を導く人の相でもある。井出氏の場合は自らを「おてんば姫」と表現し、さまざまなエピソードを盛り込んだ自叙伝『徳川おてんば姫』を書き上げ、この6月に書籍化されたばかりである。まだ作家としては駆け出しの95歳だったのだ。まるで“15代将軍の孫としての人生”を書き上げたことで、自らの“使命が終わった”かのような死であった。どのような人物でも、その出生してくる“時代”や“家庭環境”を択ぶことは出来ない。その“時代”の歯車に押し流される形で、運命は展開していく。本人の性格も「運命」を作るが、それ以上に時代と環境が与える影響は大きい。私は幼い頃「雨漏りのする家」で育ったが、それがなければ“人間の運命”には関心を持たなかったような気がする。そして、私の家庭環境は、私が生まれる数年前までは“裕福な家庭”だったのだ。まるで“どん底の家庭”になるのを待って、産れたようなものなのである。母親が癌や心臓喘息を患い、入退院を繰り返し、父親は昼も夜も働き、実質一人ぼっちの中で、私は「空想の世界」に溺れていた。そう言えば母親も“大名の家系”であった。部屋の片隅にあった一冊の雑誌の“特集”が、私を占いへと結びつけたのだが、もし裕福な家庭に生まれ、母親も元気でいたなら、そして雑誌の“占い特集”がなかったなら、私は“どういう仕事”を選択し、どういう人生を歩んでいたのだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.