今日の迷言・余言・禁言

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い”と変更されてしまった「元号」がある、という歴史的事実だ。誰もが何となく感じていることだから、書いても「罪」には問われないだろう。日本は「令和」になって、ろくなことがない。もちろん、日本ばかりの話ではないので「令和」に“罪”を擦り付けるのは良くない。けれども、オリンピックが開催されるはずだった“我が日本”は、特に“新型コロナ”の影響をもろに受けた。いや、そればかりではない。私が年初から懸念していたように「防ぎようのない自然災害」は今また各地で“集中豪雨”による災害をもたらし、鹿児島・熊本・長野・群馬・石川・東京(西之島)にある火山の噴火を招いた。また大きくはないが、各地で地震を頻発させてもいる。文字通り「防ぎようのない自然災害」ばかりだ。それで、各都道府県の自治体で災害などのため“プールされているお金”が、このところ急速に目減りしているらしい。したがって、“新型コロナ”の「第二波」とか「第三波」とかがやって来ても、今度はもうそれに対して「給付金」をホイホイ差し出してあげられません、と言われている。つまり、日本は急速に「貧乏」になったのだ。これはやっぱり「令和」のせいなのか、などと思っても言ってはいけない。1970年代~1980年代にかけての「バブル景気」を復活させれば良いことなのだ。もう「カジノ」や「オリンピック」は当てに出来ないから、新たなる“何か”を発見しなければならない。海底資源を発見するとか、海底遺跡を発見するとか、各地の温泉を掘り当てて近隣諸国に販売するとか、漫画の世界同時発売で“日本思考”を世界に普及させるとか、日本の“可愛いファッション”で世界を制するとか、日本の“匠”や“日本酒”で世界を酔わせてしまうとか…何かで世界をリードして、日本の活性化を促さないと、我が日本丸は“沈みそう”な雰囲気ではないか。みんなが「元号のせいだ」などと思わないうちに、はやく変えていかないと…。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.