今日の迷言・余言・禁言

日経平均は一気に2万6千円まで駆け上がる⁉

“闇の中”を抜けたという感じで、ドル円相場も、日本株も、力強い上昇が始まっている。当面の“課題”が一応クリアされた格好だからだ。特に、私が注目するのはドル円相場で、ここに来て明確に“ドル高方向”へと舵を切ったかに見える。前から言っているように、なんだかんだ言っても、日本株は“円安”に傾かないと勢いづかない。なぜなら外国人は“ドル換算で日本株を見る”からだ。したがって、円安方向に動かないと、ドル換算では上がっていても、円換算では上昇できない。一時期ほどではないが、ドル円相場と日経平均とは“相関関係”にある。極端なことを言えば、円安方向にさえ動いて行けば、黙っていても日本株は上昇するように出来ている。輸出企業の多い日本株は、基本的に円安が進んだ方が利益が出やすい。しかも、今は“原油価格”も丁度良い水準にある。原油が1バレル大体60ドル~80ドルの範囲内にある時が世界的な“相場上昇”を促す時なのだ。この点は日本株にとっても重要で、ヨーロッパからの資金の多くは、この価格に左右される。つまりヨーロッパとはいうものの、実際には“中東”からのオイルマネーが長期資金で日本株を買うかどうかに掛かっているからだ。オイルマネーに余裕が出て来ると、必ず日本株は買われる。原油価格が50ドル以下になってしまうと、中東からの資金はいっせいに引いていく。そういう意味では、サウジアラビアからのオイルマネーを自由に使えるソフトバンクの“投資枠”は徐々に拡大される可能性もある。今年8月まで、ドル円相場は“もみ合い状態”だった。年初は1ドル113円だったが、4月には105円まで円高が進んだ。それと歩調を合わせて日経平均も大きく低迷した。今年7月には一時的に113円まで戻したがすぐに切り返された。そして8月には109円台まで巻き戻しが起こった。そこから徐々に挽回し、9月半ば以降は明確に“ドル高方向”に動いて7月高値も抜け、現在は113円台後半にある。日経平均の方も9月上旬に22250円まで低迷したが、その後に切り返し24250円(28日高値)まで丁度2000円も一気に急騰していたことになる。しかし、急騰はこれで終わりではない。いったん動きを止めるかもしれないが、再び2000円分急騰して一気に2万6千円に“王手をかける”ことになるだろう。その場合は、必ずドル円相場も連動して117円まで上昇していくに違いない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.