今日の迷言・余言・禁言

日本人に「はとバスツアー」が大流行?

「はとバス」といえば“東京観光”の定番として知られる。私も大昔、利用したことがある。その時は何となく“古めかしい”印象を持った。確かに東京の主要スポットを巡るので、効率は良いのだが今一つ盛り上がらない。個人で乗ったせいもあるのだろうが、車内もシーンとして“何かが違う”ような気持ちが最後まで抜けなかった。ところが、近年「はとバス」が見事に蘇ったと噂されている。実際、数字的にもバブル期並みの乗車人数なのだ。昨年は93万人が利用している。しかも、それは“外国人観光客”が利用しているからではない。日本人の観光客、或いは地元・東京に在住している人たちでさえ競って利用し始めているのだ。特に予約しなければ絶対無理なのが、午後7時からの2階建てで屋根がない「オー・ソラ・ミオ号」という「はとバス」である。夜のライトアップされた景色が、通常の窓だけでなく、頭上にも広がる。今まで“見たことがない光景”を疾風と共に体験することが出来る。ライトアップされた国会議事堂は異国の建物のような印象を与えるし、夜の東京タワーはすぐそばを通るだけに大迫力で迫るのだ。「灯台下暗し」という言葉があるが、日本人はとかく“身近な観光”を忘れがちになる。私など、地元の「札幌雪まつり」は歩いて行けるのに、ライトアップされた夜に出向いて観光したことがない。考えてみればもったいない話である。ただ造りかけの雪像の近くを通ったりするので、改めて見物する気になれないのかもしれない。「はとバス」観光は、東京在住の人が見ても感動するのだから今後ますます人気が高まっていくだろう。少なくともニューヨークの変なパフォーマンスのバスツアーより感動的である。そう東京は住むところではなく“観光するところ”として、日本人たちに「はとバスツアー」が異常人気となっている…と海外のマスコミに不思議がられる街と化していくべきだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.