今日の迷言・余言・禁言

日本も「セクシー天気予報」の時代⁉

かなり前のことだが、海外に行ってTVを観ていて、その天気予報の奇抜さというか、ユニークさに驚いたことがある。どこに行った時だったかは忘れてしまったのだが、とにかく“妖しいセクシー美女”が出て来て、天気予報をするのだが、まともに行うという感じではなく、腰を振りながらギリギリのミニスカートで妖しく伝えるのだ。なぜ、こんなことを書き出したのかというと、我が日本でも、それに近いような“天気予報”がスタートしていることを知ったからである。まあ日本の場合はかなり“抑え気味”ではあるが、それでもニュース番組ながら「セクシーお天気お姉さん」として紹介される。もっとも通常のTV局ではなくインターネット専門TV局の「ニュース番組」だが、それでも明らかに海外の“その種の天気予報”を意識した選出であることは間違いがない。だからといって“お遊び”なわけではない。ちゃんとした気象予報士の穂川果音氏(31歳)だ。彼女は気象予報士であると同時にIカップの“爆乳タレント”としても活躍している。自らの予報が外れたなら「コスプレを披露する」という“罰”まで与えている。考えてみれば、一般の天気予報では、そういう“責任の取り方”をしているだろうか。ほとんどの気象予報士は、自らの予報が外れても謝ろうともしていないではないか。そういう点、何と健気な予報士であることか。その彼女が、今度は“ラップ風の楽曲”で歌手デビューするらしい。まあ、歌手デビューというほどのものでもないのかもしれないが、14か国語で“台風の名前”を次から次へとひたすら連呼していく気象予報士に相応しい曲だ。日本の気象予報士は、総じて真面目な人が多い。その伝え方もアナウンス予備軍のようでさえある。それでも最近は各局によって、かなり“個性”を出そうと努力しているのは感じられる。その中でも、さすがに「セクシーお天気お姉さん」は群を抜いている。これに続く局が現れるのかどうか、“暗いニュース”の後には、ぜひ試みる地上波の局が出て来てほしいのだが…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.