今日の迷言・余言・禁言

日本の「神様」は“変幻自在”なのだ

アメリカで「メリークリスマス」という言葉が“控えられつつある”って初めて知った。その理由は“宗教色”が出過ぎているからだそうだ。つまり、これはイエス・キリストの誕生を祝う言葉だから、キリスト教徒固有のメッセージになるから、そうではない人々も多くなってきているアメリカでは「ハッピーホリデー」に切り替えようという動きらしい。もっとも、それを嫌がったのがトランプ大統領で、彼の公約の一つが「メリークリスマス」の“用語復活”だったそうだ。ここで興味深いのは、イスラム教徒や仏教徒だけでなく、ユダヤ教徒にとっても「メリークリスマス」は“禁句”であることだ。われわれ日本人からすると、キリスト教徒も、ユダヤ教徒も、共に『聖書』に基づいた信仰であるのに何故メリークリスマスじゃないの(?)と考えがちである。実は、ユダヤ教というのは“神の子・イエス”を認めていないのだ。だから『聖書』も『旧約聖書』だけで『新約聖書』は用いない。同じくイスラム教も“神の子”を認めていないので、ユダヤ教と同じように“唯一神”のみが信仰対象となる。だから、根っこのところでイスラム教とユダヤ教とは“「神」の概念が同一”なのだが、その「神」と「人間」の“橋渡し”をする“預言者”がそれぞれ異なるのと、どちらも“民族的色彩”が色濃く反映されているので、まったく異なった宗教のような印象を与えている。ところで日本神道の場合も「神」というのは“見えない存在”で、キリスト教のように“偶像崇拝”ではない。それではユダヤ教やイスラム教と同じかというと、これが微妙に異なる。その一番の違いは「神」が“唯一絶対神”ではないことである。ユダヤ教も、イスラム教も、唯一絶対神なので、人間は「神」に対して“従属的な存在”ということになっている。ところが日本の「神」は“八百万の神”で“唯一絶対”という形を取らないので、人間は「神々」と共存し合って生きていく。そこが日本の「神」と、ユダヤやイスラムの「神」との“決定的な違い”なのである。早い話、日本の神は“変幻自在”で“忍者のような存在”だと思えば良い。もう一つ、ユダヤの「神」や、イスラムの「神」は、自らを信仰しない“民族”を徹底的に排除・排撃する。それに対して日本の「神」は、あらゆる“民族”に寛容で排除・排撃したりはしない。穏やかで大人しい神様なのだ。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.