今日の迷言・余言・禁言

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点で、“新型コロナ騒動”は4カ月後くらいが限度で、それ以降になれば、つまり6月くらいになれば徐々に人々の興味は“新たな事件・出来事”へと移っていくだろうと述べておいた。そういう点では、その通りの展開で収束に向かうのは良いことなのだが、やっかいなのは「次」に何が来るかなのだ。実は昨日の“世界のニュース報道”の中で、私の“予知本能”に警告を促す三つの出来事があった。その一つは、インドを襲った“巨大サイクロン”のニュースで、日本で言う「台風」と同様のものだ。インドのオディシャ州や西ベンガル州を襲っているサイクロンで300万人が避難し、84人の死亡を確認したと伝えている。その一つはアメリカ・ミシガン州からの報告で、豪雨によって二つのダムが決壊し、その濁流がミッドランド市中を襲っている。一気に3m以上の水が流れ込む可能性が高く4万2000人の住人に避難命令が出されている。その一つはパキスタンからのニュースで、アフリカからやって来たバッタの大群が農作物を食い荒らしていて5470億円もの被害をもたらしているというのだ。その繁殖力はすさまじく、脅威を感じるほどの大群移動である。これら三つとも、私が前から言っている「防ぎようのない自然災害」に属する。けれども、前もって、それに備えておくことは可能だ。これらの中で、日本にもっとも起こりやすいのは台風による集中豪雨かもしれない。けれども、実はいちばん怖いのは「バッタの大群」のような気がする。日本の場合、アフリカやパキスタンとは気候や自然条件が異なるので、よほどのことがない限り「バッタの大群」が繁殖するということは有り得ない。けれども、それで言うなら、今回の「感染症」だって、日本は島国で隣国と隔たっているので「感染症は心配いらない」と言われてきたのだ。ところが、実際には海外から持ち込まれてしまうと、あっという間に自国の中でも波及していった。だから、バッタの大群に関しても油断は禁物なのだ。今から「備えあれば患いなし」という風な感じにしておかないと、泣きを招くかもしれない「三つの凶災」なのだ。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.