今日の迷言・余言・禁言

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は、その落ち込みが大きかったようだ。その理由は判然としていて、売り上げの4割以上を占める“ジャンボ宝くじ”の不振が際立っているからだ。つまり「ジャンボだけは買うよ」という人たちが買わなくなったのだ。なぜ、買わないのか。“宝くじ”としての魅力が薄れているからだ。では“宝くじの魅力”とは何かといえば「夢のようなお金が得られるかも…」というのが本来だったはずだ。ところが、近年の“宝くじ”には“改良”がない。何の変化もなく、同じような形式や賞金額で販売している。近年の社会情勢からすれば、賞金5億とか7億とか言っても、それほど“夢のようなお金”という印象を受けない。特に海外の“賞金金額”と比べると、あまりにも“ちっぽけな金額”で、とても“夢の金額”などとは恥ずかしくて言えない。しかも、日本の賞金額には工夫がない。あくまでも平均的な賞金額を当選人数と共に割り振っていく。それこそ“公正・均等”を好む日本式のやり方だが、元々が“夢を買う”のであれば、思い切った賞金額にしなければ意味がない。私が思うに、現在の金銭価値から言って1等20億円くらいが妥当な金額であるように思う。これを1本だけの当たりにすれば良いのだ。大体、1等の当選者が多すぎる。だから少ない金額を“山分け”にしなければならない。1等から3等までは“当選人数”を減らして高額にすれば良い。つまり、1等が20億、2等が10億、3等が1億で、前後賞など無くした方が良い。そして4頭以下はぐっと低額にして、その代りに当選人数を増やせば良いのだ。例えば、4等が30万円、5等が20万円、6等が10万円とし、それ以外は“すべて外れ券”とする。つまり、7等300円など不要なのだ。こうやって、高額賞金は当選者を少なく、低額賞金は当選者を多くして、これまでの“当選者数”とあまり変わらないように変更すればよい。大体、“外れ券なし”というふうな日本人的“妙な平等観”からの籤では面白くない。もっと面白い“宝くじ”をいろいろ考案すれば、必ず“宝くじ”人気は復活する。


最近の記事はこちら

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.