今日の迷言・余言・禁言

新しい「母になる」形の公表

歌手の浜崎あゆみ氏が自らの公式サイトで“第2子妊娠”を公表した。彼女は既に昨年11月に“第1子”を出産していたことを今年1月になって公表し、世間を驚かせた。そして今年の春には、彼女の自伝的ドラマ「M」も放映された。その中で彼女は、当時のプロデューサーであった松浦勝人氏(現エイベックス会長)と“深い関係”であったことも公表している。そういう中に在って、今回、公式サイトで“第2子の妊娠”を公表したことは深い意味を持つ。つまり、もう「結婚という形はとらない」という無言の宣言。確かに彼女にとって「結婚」は“苦い想い出”しかないはずなのだ。次に、昨年の“第1子”と今年の“第2子”とは、“同様の形”で産むことになる“同じ父親の子”であることを無言のうちに宣言している。そうでなければ、とても妊娠した“初期の段階”から“悦びの公表”は出来ない。さらに、初期の段階から公表したということは、相手の父親が、それを認めているということ、つまり「世間に公表して良い」とOKを出されているということでもある。なぜなら、既に「世間公認の仲」としてドラマ化されているから…ということではないかと思われる。数年前まで、公表はタブーだった。それは松浦氏には「妻」がいたからだが、正式離婚した現在は誰に臆することもない。したがって彼女の言葉には“後ろ暗い部分”がない。これまで、多くの女性達が経験した「未婚の母」「入籍なき妊娠」の“後ろ暗さ”がない。むしろ平成の時代を“寵児”として駆け抜けた女性が、今度は「新しい母の形」を示さんとするかのようである。それが日本ですんなりと「受け入れられるかどうか」は微妙だが、とりあえず“先駆者たらん”とする意識だけは十分に窺われる。考えてみれば、“結婚以外の妊娠や出産”が祝福されない方がおかしいのだ。近年、日本でも高収入の女性はたくさん出てきた。そういう女性達が、自らの“選択肢”として「結婚なしの母親」を望むことは少しも不自然ではない。そういう意味では、今後増えてくる可能性を予感させる「新しい母」の形なのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.