今日の迷言・余言・禁言

手持ち“物件”すべて「30%引き」賭けに出た⁉

ときどき海外企業の“大胆な戦略”に度肝を抜かれることがある。特に大胆なのは中国だ。昨日から、中国不動産の大手である「中国恒大集団」では、手持ちの“全物件”を1か月間すべて“30%引き”する大胆な企業方針を打ち出した。ビル価格や住宅価格の“正統価格”からの30%引きでは、不動産事業は実質的には成り立たない。つまり、売れても収益率は極端に悪化するので、もちろん儲けられない。にもかかわらず、これを実施するのは、この企業が多額の負債を背負っているからだ。要するに“手元の現金資金”が必要なのだ。だから、収益悪化を覚悟での一大キャンペーンを張る。それでも“売れない物件”は、どうするか。その場合には、さらなる値引きを決行する。30%値引きの値から、さらに12%値引きしても「売る」というのだ。大丈夫なのか。よその国ながら心配になる。日本で、もし、これと同じことをやったらどうなるか。考えたいところだが、日本企業はそこまでの大胆さはない。せいぜい10%値引きくらいが良いところではないだろうか。10%であっても、5000万のマンションなら4500万になる。このくらいなら、日本でも出来そうな気がするのだが、余程“売れ残った物件”ならそうするかもしれないが“一律値引き”は日本では絶対にしない。「なにも売れている物件まで値引きする必要はない」と考えるのが日本人だ。ましてや例えば1億円の物件を7000万円で差し出す…という離れ業はなかなか出来ない。そういう点からいうと「中国恒大集団」の、その後の状況をぜひ知りたいものである。中国人という民族は、元々“賭け事”が好きである。マカオのカジノ場も、シンガポールのカジノ場も、中国人で溢れている。アメリカは中国との貿易交渉で手こずっているが、案外、この中国人の“賭け好きな性質”を利用すれば、アッサリと交渉成立するのかもしれない。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.