今日の迷言・余言・禁言

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが出来た。もちろん、この番組はまだ病気になる前の収録で、病気には何の関係もない。たまたま放映日が、感染で入院していることが判明した日と重なっただけにすぎない。けれども、そのことによって、そのお相手である大滝裕子さんは“注目の人”となった。現在は57歳で十年前の2010年に結婚されている。交際当時は“新人歌手”だったらしいが、現在でもグループとして歌手活動をしている。さて、私がなぜ彼女を取り上げるのかというと、彼女にとって志村けん氏は実際に“夫になった”可能性が大いにあるからだ。もちろん、その後になって別れてしまったが、志村氏は彼女の親にまで挨拶している。真剣だったのだ。実は、彼女のホロスコープを見ると、丁度、その後29年経って結婚された時と、ほぼ同じ位置にトランジットの土星が位置している。土星というのは29・5年で元の位置に戻ってくる。これを「サターンリターン」と呼ぶ。通常は“人生の転換期”のような形で解釈されることが多い。大滝裕子氏の場合、元々、金星と土星が“0度一体化”していて、その結婚には「土星」が影響する可能性が強い。実際、結婚されたのはトランジットで動いている土星が出生時の土星・金星に対して120度位置に到達した時だ。そして、同じ現象はその29年前にも起きていたのだ。そして、その時、志村氏は彼女と“結婚を意識しながら”交際していた。通常、サターンリターンは出生時の土星位置にトランジットで戻ってきたときのことを指すのだが、こういう形でのリターンでも、人生の不思議は存在している。しかも、金星と土星とが0度一体化している場合、必ずや一度は「愛の別れと哀しみ」を体験する。それは、金星と土星とか一体化している人たちの運命だと言って良い。けれども、その体験が、必ず“仕事上に活かされる”のも、このアスペクトの特徴なのだ。かくして、今も彼女は仕事の中で“愛の哀しみ”を活かしているに違いない。


最近の記事はこちら

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.