今日の迷言・余言・禁言

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが出来た。もちろん、この番組はまだ病気になる前の収録で、病気には何の関係もない。たまたま放映日が、感染で入院していることが判明した日と重なっただけにすぎない。けれども、そのことによって、そのお相手である大滝裕子さんは“注目の人”となった。現在は57歳で十年前の2010年に結婚されている。交際当時は“新人歌手”だったらしいが、現在でもグループとして歌手活動をしている。さて、私がなぜ彼女を取り上げるのかというと、彼女にとって志村けん氏は実際に“夫になった”可能性が大いにあるからだ。もちろん、その後になって別れてしまったが、志村氏は彼女の親にまで挨拶している。真剣だったのだ。実は、彼女のホロスコープを見ると、丁度、その後29年経って結婚された時と、ほぼ同じ位置にトランジットの土星が位置している。土星というのは29・5年で元の位置に戻ってくる。これを「サターンリターン」と呼ぶ。通常は“人生の転換期”のような形で解釈されることが多い。大滝裕子氏の場合、元々、金星と土星が“0度一体化”していて、その結婚には「土星」が影響する可能性が強い。実際、結婚されたのはトランジットで動いている土星が出生時の土星・金星に対して120度位置に到達した時だ。そして、同じ現象はその29年前にも起きていたのだ。そして、その時、志村氏は彼女と“結婚を意識しながら”交際していた。通常、サターンリターンは出生時の土星位置にトランジットで戻ってきたときのことを指すのだが、こういう形でのリターンでも、人生の不思議は存在している。しかも、金星と土星とが0度一体化している場合、必ずや一度は「愛の別れと哀しみ」を体験する。それは、金星と土星とか一体化している人たちの運命だと言って良い。けれども、その体験が、必ず“仕事上に活かされる”のも、このアスペクトの特徴なのだ。かくして、今も彼女は仕事の中で“愛の哀しみ”を活かしているに違いない。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.