今日の迷言・余言・禁言

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャーのGateboxが開発した「俺の嫁召喚装置」によって、筒型容器の中に“3D投影されたキャラクター”を住まわせることが出来るのだ。実際に触れることは出来ないが、AI(人工知能)が備わっているので、そのキャラクターと或る程度までなら会話することも可能だ。だから、考えようによっては3D投影されているキャラクターと“一緒に暮らしているような感覚”を味わうことが出来る。指輪を購入し、結婚式も行った近藤氏は、初音ミクと添い遂げることを誓っている。その一方では、犬型ペットロボット「アイボ」と“ふたり暮らし”を愉しんでいるご老人もいる。今年になって発売された“新型アイボ”は細かな動きまで“犬”そのもののようであり、これまでに比べて“目の表情”が可愛らしいのだ。したがって、動物好きで“実際には飼うのが難しい”状況にある人達にとっては最良のペットと言えそうだ。初音ミクにしろ、アイボにしろ、もちろん安くはない。初音ミクの方が初期費用約30万円で、アイボの方が初期費用約35万円だ。けれども実際の人間やペットでも、そのくらいのお金はかかる? 考えようによっては“安い”初期費用だとも言えそうだ。何しろ人間たちは“裏切る”可能性があり、“老いていく”可能性もある。それに、いつでも“癒してくれる”とは限らない。その点、初音ミクやアイボは、いつでも優しく癒してくれるのだ。近藤氏は昔、同僚だった女性からイジメに近いものを味わったらしい。アイボと暮らすご老人は昔、実際に犬を飼っていたらしいが死んでしまった。人は“リアルな世界”の中で、深い悲しみを味わった時、二度と同じ哀しみを味わいたくないものだ。どこか虚しい気もするが、おそらく数十年先の“未来”では、3Dキャラクターや犬型ロボットとごく普通に暮らしている人たちが、大勢出て来ているに違いない。


最近の記事はこちら

“切り捨て”すれば企業としてOKなのか

遂に吉本興業が「闇営業」に出演していた宮迫ら11名の芸人を当分の間“休業自粛”の処分に踏み切った。そのこと自体は評価できるが、なぜ企業としての“謝罪会見”は開かないのか。本来であれば、社長などと共に1…続きを読む

「ホクロ」は身を助ける⁉

「芸は身を助ける」という諺がある。確かに、何かしらの芸を持っていれば、何とか生きていくことが出来たりするものだ。では、何も“芸”を持っていない人の場合はどうだろう。時には「ホクロが身を助ける」こともあ…続きを読む

午前中に2400回の雷が「夏至」を祝った⁉

昨日は2019年の「夏至」である。「夏至」というのは、本来なら一年中でもっとも日照時間の長い日だ。ところが、昨日の札幌はほぼ一日中雨だった。雨だけならまだ良い。朝早くから「雷」を伴っていた。それも連続…続きを読む

私に近づくと「運命」が変わる⁉

人にはいろいろ不思議な“ジンクス”のようなものがある。私の場合、私に深く関わった人たちの多くが「運命」を変えていく。単に“運”が良くなるとか、悪くなるとかいうことではなくて、職業とか生活とか住居とか“…続きを読む

大人しそうでも大人しくない「耳」&「鼻」

今から十年前に一人の女優が孤独死をした。かつて「お嫁さんにしたい女優№1」と言われた大原麗子氏である。確かに声質も含めて“暖かく優しい雰囲気”を持っていた。けれども、その晩年は決して恵まれたものではな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.