今日の迷言・余言・禁言

強盗に襲われ18年経ち「頭の痛い問題」が発生

強盗に襲われた体験を持つ人は少ない。ましてや強盗に刃物を突き付けられ、しまいには頭部を刃物で突き刺されて、のたうち回った経験を持つ人は少ない。それでも、命は救われ、やがて普通に生活できるようにまで回復した。突き刺された刃物はどうなったのかというと、頭の内部に収まったままだった。現在76歳のこの男性が強盗に襲われた1994年当時、中国の山東省済南市の病院では、微妙なところに突き刺さっている刃物を上手く抜き取るだけの技術がなかった。抜き取る手術は、生命に“危険が及ぶ”とみなされたのだ。不思議なもので、応急措置が施されたまま抜き取ることなく生活してみると、それはそれで大丈夫となっていった。だから、そのまま放置していたのだ。ところが、強盗に襲われ18年が経過した2012年になって、頭部に何ともいえない“痛み”が生じるようになった。そこで病院へ行って視てもらったが、今の状態で刃物を抜き取ることに対して医師たちは慎重だった。本人はときどき“痛み”が生じるが、強烈な痛みというほどでもなかった。だったら、そのままの方が良い、という結論に達した。けれども、その後も“痛み”は治まるどころか徐々に強まり、しかも“視力”の方にも影響が出てくるようになった。もう限界だった。これ以上、待てない。そこで、今年4月2日に多数の医師たちにより、慎重に取り除く手術が挙行された。こうして、頭の中から10センチに及ぶ“刃先部分”が取り出されたのだ。無事、脳内を傷つけることなく手術は成功した。強盗に襲われ26年が経っていた。人生には時々、予期せぬ“災難”が襲ってくる。生命力の強い人は、どのような災難に出遭っても、生き延びられることが出来る。さらに生命力の強い人は、大きな後遺症も残らず、現役に復帰することが出来る。それでも、実際にはどこかに“悪魔の爪痕”を残している場合が多い。よく「古傷が痛む」という表現を使うが、まさしくそういう感じで何年も、時には何十年も経ってから、その“傷”が痛みだすことがある。もし、あなたの身体が生れてからずっと“無傷”のままであるなら、それ自体が“幸運な人生の証し”なのだと知っておいた方が良い。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.