今日の迷言・余言・禁言

年間4000人以上が「改名」をする⁉

「Eテレ」には、普通テレビなどには出ないような人たちが時々出演する。「改名100人」に取材した「私が名前を変えたワケ」も、さまざまな理由から改名をした“普通の人達100人”に取材した内容で大変興味深かった。そして、私が一番驚いたのは日本では年間4000名以上もの人たちが“名前を変えている”事実だった。理由はさまざまだ。キラキラ・ネームだったために不利益が生じやすいという理由、トランジェスターであることから不都合が生じやすいという理由、幼少期の家庭的なトラウマから逃れたいという理由、元受刑者が社会復帰が難しいいう理由…それぞれ改名の理由は異なるが、ナルホドと思われるものばかりであった。ちなみに放送された中には「姓名学で凶名だったから」という理由はない。多分、それだけだと家庭裁判所の方も認めてくれないような気がする。芸能人やスポーツ選手などは時々「改名」をする。それによって大きく飛躍することもあれば、ほとんど変化のない場合、逆に改名したことで“表舞台から消えていく人”もいる。大体、芸名などは「姓」も「名」も“社会的に変更する”ことになるわけで、それだけ影響力は大きい。通常の仕事でも、戸籍は簡単には変えられないが、名刺などの「通用名」を変えるのは自由である。自分の名前が気に入らない人は、勝手に改名をして「通用名」を使い始めれば良い。そうすれば、徐々に“その効果”が表面化する。よく「親に貰った名前」は勝手に変えるべきではない、などという人がいるが、親は“我が子”に幸運な人生を歩んで欲しいと思っている。もし「この名前を付けられたせいで不幸な人生を歩んだ」などと恨まれるくらいなら、改名して幸運になってほしいと思うのが親心というものである。もっとも、俗にいう“幸運な画数”だから“幸運な人生を歩む”という保証はない。というか“幸運な画数”と呼ばれているものが、本当に“幸運”を運んでくれるものなのかどうか残念ながら確証はない。それに、ただ単に“画数合わせ”で漢字を選定すると、ほとんどの場合は失敗する。「姓」と「名」に繋がり乏しい名前、読めない名前、書きにくい名前、意味の通じない名前…これらは画数以前の問題で“凶名”となる。まずは“解かりやすく”“読みやすく”“書きやすく”“憶えやすく”“見栄えが良く”“姓と名のバランスが良い”名前であることが「幸運名」の条件なのだ。但し、名前だけで人生が決まるわけではない。さらに職業によっても「良名」「凶名」は異なってくる。特殊な分野で成功したい人の場合に「平凡な姓名」であれば、より多くの努力が必要になる。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.