今日の迷言・余言・禁言

島田秀平君、大丈夫?

私は普段ほとんど他の占い師の動向などは読まない。というか興味がない。ところが、今日、たまたま“手相芸人”として一世を風靡した島田秀平氏の記事をネットで読んで仰天した。彼が「本気でそんな風に思っている」ということが信じられなかったのだ。彼は13年間交際してきた歯科技工士の女性と入籍したらしい。そのこと自体はとても良いことで心から「おめでとう」と祝福したい。それは良いのだが、問題は彼の“手相発言”(ブログ上の記事なのか、雑誌インタビュー記事なのか)にある。つまり、彼は自分自身と彼女の手相に関して発言しているのだが、その中で「結婚線に入るフィッシュは結婚が近づくと現れます」と述べているのだ。自分自身の結婚に関連して述べているのだから、本気で話していることは間違いないだろう。しかも、自分も彼女の手相も「フィッシュが現れた」などと述べている。この「フィッシュ」というのは“魚の形”ということだが、日本的に表現すると“二本の楕円曲線が交錯することで出現する”形状で、一般的には“島型”とか“目型”として知られている形状の先が“割れている形”を指すものである。その「フィッシュ」を“結婚が近づくことで出現する形状”と、彼は解していることになる。私は世界各国の手相書をコレクションしているが、そのようなことを述べている手相書は一冊もない。もちろん、日本の研究者からも、そのような発言は聞いたことがない。私自身、これまで何千、何万の手相を見てきたが、そういう事象に巡り合ったことは一度もない。結婚線に出現する“島型”も“先端の分岐”も“不吉な相”で、だからこそ私は「島田君、大丈夫か!」と言いたくなるのだ。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.