今日の迷言・余言・禁言

小柄で茶目で縮れっ毛が「縄文人」

日本の“先住民”ともいうべき「縄文人」のDNAを分析していた国立科学博物館などの研究チームが、3500~3800年前に生存していた女性の歯の遺伝子から、彼らが常に小集団で移動しながら生活し、狩猟による肉食を中心とした食生活をし、その身長は140センチ前後で瞳は茶色、細い縮れ毛でアルコールに強い体質を持っていたことを突き止めた。顔の復元も行っているが、眉骨高く、眼窩凹み、顔の横幅広く、口唇大きく、法令線クッキリとして、観相学的には闘争本能が強く生活力の強い顔立ちといえる。このような「縄文人」の遺伝子が伝わっている可能性ある日本人は現在では10%前後、アイヌ民族では70%くらいであるという。したがって、現在の日本人で、小柄で茶目で細い縮れっ毛を持ち、アルコールに強く、肉食好きな人は間違いなく「縄文人」の祖先をもっていたことになる。言ってみれば日本の先住民ともいうべき血統を備えている“生まれ”なのだ。アイヌ民族の方達は、眼窩凹み、顔の横幅が広く、口唇大きく…という部分は似ているといえるかもしれない。ただ「茶目」や「細い縮れっ毛」ではない。人種や民族という点からいうと、アイヌ民族と沖縄の先祖の方達は、同じ日本列島でも“異なった遺伝子”を持っているよう感じられる。今回の研究対象となった人物が、3500~3800年前に生存していた女性で、そんなに遠くない。それなのに、その後「弥生人」が入ってきて、やがて「現在の日本人」に繋がっていくのだとしたら、われわれ多くの“一般的日本人”はまだまだ「新顔」で、出来上がって間もない種族というか民族というか、新しい時代になって誕生していることになる。言ってみれば、元々の先住民ともいうべき「縄文人」や「弥生人」の土地を“間借り”させてもらっているような立場で、或る意味ではみんなで“シェアハウス”しているのだともいえる。だから、飲み屋さんに行って、小柄で茶目で縮れっ毛でアルコールに滅茶苦茶強い女性を見たなら、どうぞこれからも「シェアハウス」させてくださいといっておくべきで、新顔なのに“偉そうな顔”で飲んではいけないのだ。


最近の記事はこちら

「余裕のないこと」が「悪者」を創り出す

ここ数年、日本の世論が“一方に傾き過ぎる”ことに危機感を感じている。例えば、昨日、宮迫博之氏や田村亮氏が「謝罪会見」を開いた。その中で会社幹部のパワハラが暴露された。そうすると、今度は世論の非難がいっ…続きを読む

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.