今日の迷言・余言・禁言

定例会見で試される「社長の器」

最近のアナウンサーというのは、時としてタレント以上にマスコミからの注目を浴びる。したがって大きなスキャンダルが出た場合、週刊誌などからの格好の餌食となる。2019年12月「週刊文春」が、テレビ東京の人気女子アナウンサーだった鷲見玲奈氏の同局内既婚アナとの「不倫疑惑」を大々的にスクープした。その直前、なぜか既婚男性アナは営業部へと異動となり、鷲見玲奈アナも生放送を続けて欠席した。そして、その後に3月いっぱいでテレビ東京を退局し、女子アナの宝庫「セント・フォース」入りして、フリーとなることが公表された。何となく、疑惑を肯定するかのような動きであった。けれども、今回行われたテレビ東京の“定例会見”に出席した小孫茂社長は、一連の質問に対して、実に見事な対応をしている。TV局社長の定例会見というのがいつから始まったのか知らないが、大体は“レギュラー番組の改編”などとは違ったところにマスコミは食いつく。そういう部分の質問に対しては、本来ならば適当に受け流しても構わない。けれども今回の小孫社長は違った。その対応をスポーツ報知が詳しく報じている。なぜスポーツ報知が詳しく報じたのかというと、担当記者が、過去において“改編会見”を仕切っていた鷲見玲奈アナのMCぶりを高く評価していたからである。担当記者が何度も挙手しても質問できず終った時、駆け寄って来て「せっかく挙手していたのに当てられなくて申し訳ありません」と頭を下げたという。その鷲見玲奈氏が「不倫疑惑」で退社に追い込まれた。社内の聞き取り調査で“否定した”なら、“異動”や“退局”はおかしいということになる。その部分を追及されても、小孫社長は本人たちの言葉を信じ“不倫疑惑”そのものを完全否定し、そのうえで「本人の希望で退局されると聞いた」と言い「本人の希望を最大限優先したい」と続け「今日集まったメディアの皆さんも、新天地で活躍できるよう応援してあげていただければありがたい」と結んだのだ。五輪中継のメインキャスターの候補でもあった鷲見アナが抜けるのは、決して本意ではないはずなのに「他にも優れた人材はたくさんおりますから…」と最後まで、受けて立った。マスコミ人がマスコミ人相手の受け答えとして、これ以上はないような素晴らしい「社長の器」を垣間見せてくれた。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.