今日の迷言・余言・禁言

宗教は人類の「救い」か「妨げ」か

世界における「新型コロナウイルス」の感染者数を見比べていくと、ある“事実”に気が付く。信仰心が強い国、国家的に一つの宗教が深く根付いている国、そういう国に感染者数が多い。これはもちろん、教会とかモスクとか、そういう宗教的な建物の内部で、密接しながら祈りを捧げるからで、或る意味では“当然”だと言える。わが日本は、その点、密接宗教の勢力は限られているので、そういう意味では“集団感染”が食い止められている。但し、日本の場合、真夜中の“飲食店”が“密接する場所”になりがちで、酒を仲介しながら「愛」の“信仰”が捧げられたりする。人は弱いので、誰でも「神」に接近したがる。その結果としての教会であり、モスクなのだ。神様は“平等”だから、キリスト教であれ、イスラム教であれ、その他の宗教であれ、夜のお店の“女神”であれ、接近する者達の中で感染者を増やしていく。最近、“人種間差別”の問題がクローズアップされてきてもいる。この“差別”を救ってきたのは、ほかならぬ“宗教”である。アメリカはキリスト教が深く浸透していく中で、人種問題を克服したかに見えた。ところが、ここに来て“宗教への依存”が薄らぐ中で、もう一度「人種問題」が“経済問題”や“感染比率”とセットで問題視されることが多くなった。もし、一時期のようにキリスト教が勢力を伸ばせば、人種問題だけは薄れていく可能性が強い。人間は、矛盾を解決する手段の一つとして「神」の存在をクローズアップさせ「最終的には平等」という理論で、大衆を納得させてきた。特に“眉の濃い”イスラム教徒は、自分たちに続く子孫が“神からの恩恵を受ける”ということで、目の前の理不尽さを克服してきた。これらが根本的に崩れ去るとき、社会秩序が保てなくなるのが“信仰心の強い国”なのだ。だから、本能的にも、人々は一緒に祈りを捧げようとする。神に“救い”を求めることで、人々は“安らぎ”を得られ、死が近づくとしても、怖くはないのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.