今日の迷言・余言・禁言

子供には「児」への予知能力がある

世の中には“不思議なこと”が色々とある。その一つに、幼い子には「命」に関しての“予知能力”を発揮することがよくあることだ。例えば、トモカズ・ムカイ氏のツイートが話題になっている。彼の長女はその日保育園に行きたがらなかった。彼がどうしてなのか訊くと「赤ちゃん生まれるから病院に行きたい、ママに逢いに行く」というのだ。「え? 今日産まれるの?」予定日より一週間も早かった。「うん。よる」と即答する。どうしてなのか訊くと「赤ちゃんが今日って言ってたの」半信半疑だったが、その日、夜7時ころ無事に第三児は出生したそうだ。このツイートに大きく頷く人たちがいた。花音氏のツイートには長男を出産前に2度流産しているが、その長男が5歳の誕生日に突然「早くお腹に行きたかったのに、2回も戻されたんだよ。頑張ったのに戻りなさいって2回も言われたの。だから、やっと来れて嬉しかった」と呟いたらしい。また或る男性は、母親が車を運転中に当時3歳の自分の姉が、ふと天啓が降りたように「赤ちゃんが来る」と叫んだらしい。そこで母親が「男の子なの?女の子なの?」って訊いたら「男の子」と即答したらしい。幼い子供達が「産まれる前」の話をするとか、母親に「産まれて来る児」の話をすることは稀ではない。ここに掲げた話の中で、最も興味深いのは2度流産している女性の子供が「2回も戻された」と語っている部分だ。つまり、ここには出生時において「タマシイが宿る」過程が語られているような気がする。そのタマシイは、誰かに2回も戻された。その“誰か”とは誰なのだろう。「戻された」とは、どこに戻されたのだろう。しかも“頑張ったのに”戻されたのだ。この表現をどう解釈すれば良いのか。例えば胎児として母胎内に宿った時、その時にタマシイは“お腹”に行ったのか。そう考えれば「頑張ったのに戻された」のつじつまが合う。通常、流産は「死産」の形になるが、その母胎内から流産する直前に“タマシイの世界”に引き戻された…と考えれば、“頑張ったのに”の部分が理解できる。その過去を憶えていたなら「やっと来れて…」の部分もおかしくはない。「この世」に産まれ出ることを、改めて考えさせられる不思議な表現だ。


最近の記事はこちら

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.