今日の迷言・余言・禁言

妙な郷愁をそそる「13星座」占い

NASAが発表した「黄道は12星座ではなく13星座である」という事実が、一部の人達に誤解を与え「“12星座占い”が“13星座占い”に変わるらしい」という噂が世界的に流れたらしい。まるで20年前のようだ。つまり90年代の半ばころ、一時的に「13星座占い」のブームがあったのだ。どの女性雑誌も「13星座占い」を掲載するという奇妙なブームだった。けれども、そのブームはあっという間に消えていった。すべての雑誌が「13星座占い」などなかったかのように「12星座」に戻った。多分、優秀な天文学者が打ち立てた“新仮説・13星座占い”は既存の占い信望者たちを惹きつけるだろう…という期待先行の企画が、あまりのブーイングに頓挫してしまったのだ。NASAの発信者は、この“過去のブーム”を知らない若者だったのだろうか。それとも、もちろん知っていて“ブラックユーモア感覚”で載せてみたのだろうか。それに追随した若者たちは、確実に“初耳”として拡散したのだろう。世代が判るような何んとも“むず痒い”話題である。ちなみに「星座占い」は決して科学的なものなどではない。“13星座”だろうが“12星座”だろうが、それをもとに占うことは科学的ではない。なぜなら、天空に描かれる象形は、その象形のものとは何の関係もなく、ただ“その象形に見える”というそれだけのことだからである。たとえば雲の象形でも“ラクダのように見える”とか“ライオンのようの見える”とかがあったりする。それと基本的には同一である。だから、その象形をもとに占うということが科学的であるはずがない。ただし、科学的でないから“占いとして的中しない”というわけでもない。別に、占いが科学的である必要もない。時々、この点を間違えていて、必死に科学的であろうとしている占い師がいるが、そういう人に限って“非科学的な発想”を平気で行い、合理的な理論を否定するものである。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.