今日の迷言・余言・禁言

天使の女性が「ゴミ箱奥の命」を救った

「運命」というのは、どこでどう働くか誰にもわからない。その日、たまたまゴミ収集車の到着が遅れた。もしも、いつも通りの時刻に来ていれば、ゴミ箱の中身はすべて一括して収集車に回収され、押しつぶされて“その命”も果てた。ところが、その日は定刻よりも遅れた。丁度その時間帯に、天使の女性は野良猫たちにエサを与えていた。けれども、その女性の行為は、必ずしも周辺住民からは歓迎されていなかった。「天使の女性」ではなく「物好きな女性」或いは「おせっかいな女性」とみられていたのだ。その日に限って、一匹の猫だけがゴミ箱の周辺に居た。だから、その近くまで女性もやってきた。そしてゴミ箱の中から“鳴き声”がしていることに気付いたのだ。ゴミ箱(ゴミ捨て場)と言っても、日本のように“簡易の金具箱”ではない。ギリシャ南部のカラマタ市のそれは石造りのガッチリとした円筒形であり、底まで3mはある。円形の丸い蓋がついていて、それを開けてゴミを投げ入れる方式だ。したがって、鳴き声はしても、外からは見えない。最初は動物の鳴き声かと思ったが、やがて人間の赤ん坊の“泣き声”だと女性は直感した。慌てて警察に通報し、ゴミ箱の蓋を開いて中を覗いた。それらしきものは見えない。けれども“泣き声”は乳児のものだった。付近を歩いていた人達にも声をかけ、救い出そうとした。何人か寄って来たが、中を覗いても何も見えない。“声”はするが、どこか動物のようでもある。「ネコなんじゃないの」とスタスタ歩きだす人もいた。誰も真剣に救い出そうとしない。やがて、警察から救急隊が着て、紙袋に入っていた赤ん坊を救い出してくれた。こうして“棄てられた命”は救い出されたのだ。もし、ゴミ収集車が定刻通り到着していたなら、ゴミ全部を引き上げ中に放り込み押しつぶすので、間違いなく死んでいた。また「天使の女性」がいなければ、その泣き声は誰にも気付かれなかった。そして野良猫が一匹だけゴミ箱の方へ行かなければ、その女性も傍まで行かなかった。「神」はいるのか、いないのか、誰にも答えられない。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.