今日の迷言・余言・禁言

大谷・清宮…天才にも「運命」は平等

私が「占い」を好きなのは、“神のごとき平等さ”を持っているからだ。世の中には“好き嫌い”や“倫理観”から、不平等な扱いを行う輩がごまんといる。けれども、こと「運命の神」に関しては、どのような人物に対しても平等に“光の運気”と“闇の運気”を体験させる。決して“幸運だけの人生”はないし、“不運だけの人生”もない。ただ、それらが“どの部分”で発揮されるか、また“いつ訪れるか”の違いだけなのだ。それを見事に証明しているのが、現在の大谷翔平選手と清宮幸太郎選手の“現状”である。二人とも「天才型の野球選手」だが、それでもやっぱり本来の力を発揮できない“闇の運気”は訪れて来る。そして、この“闇の運気”にどう対応するかによって、その後の人生が大きく変わっていく。焦り過ぎたり、自棄になったりすると、転落が始まることもある。焦らず、騒がず、問題点を整理し、本来の形を取り戻し、忍耐強く“時”を待ちながら、将来に備えることが出来れば、どんなに苦しい“闇の運気”も乗り切って、再び輝ける“光の運気”を迎えることが出来る。これは、どんな人にも言えることなのだ。はからずも、今年は見事にそれを証明している。二人が、今年活躍できるとすれば“夏場以降”だろう。二人とも「天才型」なので、場所や形式が変わろうと“驚異的活躍”を見せるのが本来の姿なのだ。ところが“方位作用”も加わって、凶意が表れている場合、それを脱出するのには時間を要する。方位の凶作用は9カ月くらい継続する。一般の方でも3月4月は、転任、異動、進学、就職の季節だが、大きく動いた場合、その後、間もなく病気・怪我・事故・トラブルに見舞われたなら、方位的な凶意や作用に巻き込まれている場合も多い。そういう時に無理に打開しようと動き過ぎると、ますます“闇の中”へと引き摺りこまれていく。とりあえず、嵐が過ぎ去るまで、じっとしていることも、時には必要なのだ。焦りさえしなければ、必ず“光の運気”はやって来て、その人に見合った活躍やステージが与えられるものだから…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.