今日の迷言・余言・禁言

地方都市から「百貨店」が消えていく

昨日8月31を持って「そごう徳島店」など、徳島の“そごう西武”の店舗4店が一斉に終了した。地元百貨店が閉鎖した山形県に続いて全国二番目に“百貨店が消えた”地域となる。しかも、このような現象は、今後続々と続いていく予兆が窺われる。全国の人口が徐々に減少している地方都市に共通の現象だからだ。元々少子化で若い人たちの数が減っていることに加えて、就職先が限られ、地方都市に留まっているメリットが乏しい。そうすると地方都市には高齢者たちだけが残る。これまでは「百貨店」を、その高齢者たちが支えてきた。けれども、昨年、消費税が値上がりし、今年は“新型コロナ”により“外出自粛”が求められている。つまり、お年寄りたちは怖がって、必要な時以外にはわざわざデパートまで足を運ばなくなったのだ。地方都市の場合、百貨店は必ずしも自宅近くにあるとは限らない。年齢が進むほど、苦にしなかった“デパートまでの距離”が遠くに感じるようになる。ましてや「自粛」「自粛」と叫ばれると、用事がなければ出てはいけないような罪悪感に駆られる。それにプラスして、便利なものが“ネット通販”である。「アマゾン」「楽天」「ヤフー」等での購入に慣れてしまうと、デパートの実店舗まで足を運ぶこと自体が面倒になる。実店舗の方が「観て買える」「触って買える」「試着して買える」安心感はある。だから、人によっては購入するものによって、ネット通販と実店舗での直販と使い分けている人もいる。細かいことを言えば、デパートの“紙袋”は20円~40円もする。ネット通販は、購入代金によっては送料が消える。しかも、安くて速い。そうなって来ると、デパートは“接客の良さ”でしか対抗できない。ところが、その“接客”そのものが“新型コロナ”で距離を取らなければならない。近年の百貨店は、訪日客による購入が大きな数字を占めていた。けれども今は、その訪日客など影も形もない。これでは、じり貧になるのは当然なのだ。1991年が百貨店売り上げのピークで約10兆円に近かった。昨年ではそれが5兆8千億円となっている。今年の“売り上げ”は多分「訊かないでください」というような数値だろう。このまま地方都市から百貨店を奪って良いのか⁉


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.