今日の迷言・余言・禁言

台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…

「歴史に学べ」という言葉があるが、どうも、中国の“習近平体制”には通じていないようだ。近年、中国では“愛国心”教育が盛んで「一つの中国」を国民に強制している。そこでは、台湾や香港やマカオやチベットは、いずれも「中国」であって、よその国ではない。個々の国的な観方、捉え方を許さない風潮が目立ってきた。それは“外資系企業”にまで及んできている。先日、マリオットホテルのグループがアンケートで個々の国的な扱い方をしている…ということで批判を浴び、5度の渡って謝罪するという事態にまで発展した。私は、過去に中国本土にも、香港にも、マカオにも、台湾にも行ったが、それぞれの国をそれぞれの国として観光した。けっして、全てを「中国」として観光した記憶はない。同じような感覚で、それぞれを“別な国”として扱って来たデルタ航空、ZARA、シャネル、ブルガリなどの外資系企業も批判の対象となっており、謝罪させられる事態へと発展している。何かがヘンだ。特に「台湾」など、その地域の人達自体が「中国」の一部だとは思っていない。それなのに、強引に“中国”へと引き戻そうとしている。かつて歴史の中でも、そういうことが何度も繰り返されてきた。例えば古代ローマ帝国、オスマントルコ帝国、ジンギスカンのモンゴル帝国、スペインの海洋帝国、近代では大英帝国や日本の大日本帝国もそうだった。これらはいずれも力による支配を試み、領土を拡大していったが、結局、手を伸ばし過ぎた代償を負うことになって滅びた。現在の中国は、正に“その歴史”を繰り返そうとするかのようですらある。そのためには“あらゆる統制”もいとわない。中国北部にあったキリスト教会が取り壊された。共産党当局への“登録”を拒んだからだ。党の監視下から逃れようとするものは撤去する。どんな組織的活動が活発化するか解からないからだ。しかし、あまりの強引さは、やがて反発を招き、崩壊していくのは歴史が証明している。一時期、それぞれの国が尊重し合って「世界は一つ」などと言っていたのが“嘘”のようにさえ思える。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.