今日の迷言・余言・禁言

双子の運勢の違い

芸能界では時々、双子の人達が注目を浴びる時がある。例えばそのうちの一人が結婚をする。そうすると、どうしても“もう一人の方”に注目が集まる。何となくだが結婚も一緒に行いそうなイメージがあるからだ。それはあくまで“イメージ”にすぎないのだが、占い師ではない“一般の方々”が、同じ時に「結婚運」がやって来そうな観方をしてしまいがちである。そういうわけで、昨日、双子の女優として幼い頃から有名だった“マナカナ”の“マナの方”つまり三倉茉奈氏が「結婚」の報告をした。もう一人の三倉佳奈氏の方が2012年に結婚されているので、7年の隔たりがあったことになる。一応、占星学的な観点から言えば、三倉佳奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の太陽に0度で一体化した年に結婚し、三倉茉奈氏の方はトランジットの海王星が出生時の金星に0度で一体化した年に結婚したことになる。こういう風に、結婚期というのは必ずしも一度だけ訪れるわけではない。人生に何回かはやって来る。だから、一度や二度、結婚寸前までいって破れたとしても、もうだから“結婚できない”などとあきらめる必要はない。ただダメな年は無理してもダメで、少し間を開けた形で“何度目かの婚期”はやって来る。同じように病気や体調の変化が起こった時にも、双子の場合には,同じ時期に危険がやって来そうなイメージがある。先日、お笑い芸人の“双子コンビ=吉田たち”の吉田こうへい氏が舞台で漫才をやっている最中に倒れた。それまで普通に漫才を行っていたのに、急にこうへい氏の動きと言葉が止まって、そのあとバーンという具合に、そのまま倒れたのだ。関係者は大慌てとなり、救急搬送された。幸い、数日後には元気となって、なぜ倒れたのか、原因はハッキリしていない。けれども、こういう時でも、双子の場合、吉田ゆうへい氏の方は大丈夫なのだろうか…と思ってしまう。私の研究では、双子で“一卵性双生児”の場合でも、性格とか、才能とか、体質とか、それぞれ微妙に違っている。そして何よりも異なるのは“運気が異なる”ことで、その双子によっても違いがあるが、たいていの場合には、一方が経験したことを、もう一方は少したってから経験するような傾向がみられる。つまり、同時にやってkるケースは少ないのだ。けれども、ややずらす形にはなるが“運命的な出来事”の多くは、同じように経験する。ただ内容的にも“微妙に違う形”となるのが特徴だ。双子だから、兄や姉の方が“先に訪れる”とは限らない。それでも、多くの方が本能的に感じる“同じこと”は、そういう意味では確かに起こるのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.