今日の迷言・余言・禁言

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どちらも建設作業員だった。その弟の勇生の方には付き合っている女性(27歳)がいた。兄の亮太とも顔見知りだったのだが、交際にこぎつけたのは勇生の方だった。いつの間にか勇生は、彼女の自宅に頻繁に出入りするようになっていた。その交際女性には、実は19歳の時に産んだ可愛らしい女の子がいた。8歳で小学2年生だった。何度も泊まっていることなどもあって、勇生にはそれなりに懐いていた。たまに、自分が仕事で遅いようなときにも勇生がいれば安心だった。ところが、或る時「また仕事で遅くなるから、勇生が行くからはずだから…」と娘に電話した時、しばらく沈黙があった。「わかったの?」念を押した女性に「ママ、勇生さん来ないようにして」と言ったのだ。その言い方が何故か気になった。妙な胸騒ぎがして、女性は仕事を早退して家に戻った。家に戻って、改めて娘に訊いた。娘は「何でもない」を繰り返した。その眼に涙が光っていた。実は女性は、ニュースになっていた“子供への虐待”の可能性を心配したのだ。きつく問いただした母親に娘は観念したように語りだした。それによると数か月前、勇生は彼女の遅い夜、8歳の娘に手を出していたのだ。しかも、タオルで少女に目隠しをさせ、幼いカラダに乱暴を行っていた。ところが、話はここで終わりではなかった。実は双子の兄の方である亮太からも、乱暴を受けていた。しかも、奇妙なことに、双子の二人は“そのこと”を互いに知らなかった。偶然にも、弟の方は自分の交際相手の娘を犯し、兄の方は顔見知りだった娘を戸外などで犯していたのだ。大阪に住む25歳の双子の兄弟が、27歳の同一女性を好ましく思い、その一方は交際に成功し、その8歳の娘までをも犯し、一方は交際ならずだったが、その相手の8歳の娘だけは強引に戸外で犯していたのだ。もちろん、母親の訴えで、双方とも「強制性交容疑」で逮捕された。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.