今日の迷言・余言・禁言

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どちらも建設作業員だった。その弟の勇生の方には付き合っている女性(27歳)がいた。兄の亮太とも顔見知りだったのだが、交際にこぎつけたのは勇生の方だった。いつの間にか勇生は、彼女の自宅に頻繁に出入りするようになっていた。その交際女性には、実は19歳の時に産んだ可愛らしい女の子がいた。8歳で小学2年生だった。何度も泊まっていることなどもあって、勇生にはそれなりに懐いていた。たまに、自分が仕事で遅いようなときにも勇生がいれば安心だった。ところが、或る時「また仕事で遅くなるから、勇生が行くからはずだから…」と娘に電話した時、しばらく沈黙があった。「わかったの?」念を押した女性に「ママ、勇生さん来ないようにして」と言ったのだ。その言い方が何故か気になった。妙な胸騒ぎがして、女性は仕事を早退して家に戻った。家に戻って、改めて娘に訊いた。娘は「何でもない」を繰り返した。その眼に涙が光っていた。実は女性は、ニュースになっていた“子供への虐待”の可能性を心配したのだ。きつく問いただした母親に娘は観念したように語りだした。それによると数か月前、勇生は彼女の遅い夜、8歳の娘に手を出していたのだ。しかも、タオルで少女に目隠しをさせ、幼いカラダに乱暴を行っていた。ところが、話はここで終わりではなかった。実は双子の兄の方である亮太からも、乱暴を受けていた。しかも、奇妙なことに、双子の二人は“そのこと”を互いに知らなかった。偶然にも、弟の方は自分の交際相手の娘を犯し、兄の方は顔見知りだった娘を戸外などで犯していたのだ。大阪に住む25歳の双子の兄弟が、27歳の同一女性を好ましく思い、その一方は交際に成功し、その8歳の娘までをも犯し、一方は交際ならずだったが、その相手の8歳の娘だけは強引に戸外で犯していたのだ。もちろん、母親の訴えで、双方とも「強制性交容疑」で逮捕された。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.