今日の迷言・余言・禁言

占星学と推命学が結び付く「相性」の不思議

「相性」と呼ばれるものは誰もが否定しない。「占い」に対して否定的な人でも「相性」そのものが存在すること自体には肯定的な場合が多い。つまり誰もが本能的に“存在”を認めているのが「相性」と呼ばれるものである。その「相性」の“占い的な観方”については、正直、私は“一般的な方法”を採らない。ハッキリ言うと、“一般的な方法”では当らないからである。例えば「おひつじ座」生れと「しし座」生れは“相性が良い”といった観方だ。或いは「一白水星」生れと「四緑木星」生れは“相性が良い”といった観方だ。こんな“子供だまし”のような観方をいつまでも用いているから、占いそのものが信用されなくなる。実は昨日、フリーアナウンサーでタレントの美馬怜子氏が一般人との「結婚」と「妊娠」を公表された。出産は来月だというから、もっと早くに決まっていたはずの「結婚」である。それを昨日になって公表したのは、一部ネット上で騒がれたように“騎手・武豊氏の誕生日”が昨日であることを意識したのは間違いがない。二人の“不倫疑惑報道”が出たのは4年前のことであるが、もし、マスコミ報道が出なければ交際は継続しただろう。彼女には、その自信があるのだ。だから、あえて、彼の誕生日を択んで公表したのだ。ここで、ようやく占星学と推命学の登場となる。私は西洋占星学の著書も持ち、四柱推命学の著書も持っている。洋の東西を代表する“生年月日占術”の両方の専門書を出しているのは私のみである。その私の“相性研究”では、このお二人は極めて稀なほど相性が良いのだ。“相性の良さ”を決定づけるものは“性格”や“人生観”の類似である。男女間の場合には“真逆な場合”に惹かれ合うケースもあるが、長続きさせるのには努力が伴う。通常は“相似形”の方が無理なく「一体化」出来るものなのだ。四柱命式では二人とも、ほぼ同一の“通変星”が並ぶ。大きく違っているのは「年干通変」のみである。ちなみに「結婚運」に関係が深い日支蔵干は二人とも「比肩」が表出されていて、良いとは言えない。ホロスコープの方では金星や水星の“共通アスペクト”が多い。つまり愛情や考え方に共通性が多いのだ。特に金星と海王星の150度、金星と冥王星の150度アスペクトは二人とも共通しているが、度数まで完全に一致するのは稀なケースなのだ。水星と天王星の150度も完全に一致している。したがって運命学的な観点から言えば、美馬氏が“当てつけ”のように武氏の誕生日を択んで公表したのも「別れても好きな人」という昔の歌謡曲のような証だからなのである。


最近の記事はこちら

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.