今日の迷言・余言・禁言

占星学と推命学が結び付く「相性」の不思議

「相性」と呼ばれるものは誰もが否定しない。「占い」に対して否定的な人でも「相性」そのものが存在すること自体には肯定的な場合が多い。つまり誰もが本能的に“存在”を認めているのが「相性」と呼ばれるものである。その「相性」の“占い的な観方”については、正直、私は“一般的な方法”を採らない。ハッキリ言うと、“一般的な方法”では当らないからである。例えば「おひつじ座」生れと「しし座」生れは“相性が良い”といった観方だ。或いは「一白水星」生れと「四緑木星」生れは“相性が良い”といった観方だ。こんな“子供だまし”のような観方をいつまでも用いているから、占いそのものが信用されなくなる。実は昨日、フリーアナウンサーでタレントの美馬怜子氏が一般人との「結婚」と「妊娠」を公表された。出産は来月だというから、もっと早くに決まっていたはずの「結婚」である。それを昨日になって公表したのは、一部ネット上で騒がれたように“騎手・武豊氏の誕生日”が昨日であることを意識したのは間違いがない。二人の“不倫疑惑報道”が出たのは4年前のことであるが、もし、マスコミ報道が出なければ交際は継続しただろう。彼女には、その自信があるのだ。だから、あえて、彼の誕生日を択んで公表したのだ。ここで、ようやく占星学と推命学の登場となる。私は西洋占星学の著書も持ち、四柱推命学の著書も持っている。洋の東西を代表する“生年月日占術”の両方の専門書を出しているのは私のみである。その私の“相性研究”では、このお二人は極めて稀なほど相性が良いのだ。“相性の良さ”を決定づけるものは“性格”や“人生観”の類似である。男女間の場合には“真逆な場合”に惹かれ合うケースもあるが、長続きさせるのには努力が伴う。通常は“相似形”の方が無理なく「一体化」出来るものなのだ。四柱命式では二人とも、ほぼ同一の“通変星”が並ぶ。大きく違っているのは「年干通変」のみである。ちなみに「結婚運」に関係が深い日支蔵干は二人とも「比肩」が表出されていて、良いとは言えない。ホロスコープの方では金星や水星の“共通アスペクト”が多い。つまり愛情や考え方に共通性が多いのだ。特に金星と海王星の150度、金星と冥王星の150度アスペクトは二人とも共通しているが、度数まで完全に一致するのは稀なケースなのだ。水星と天王星の150度も完全に一致している。したがって運命学的な観点から言えば、美馬氏が“当てつけ”のように武氏の誕生日を択んで公表したのも「別れても好きな人」という昔の歌謡曲のような証だからなのである。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.