今日の迷言・余言・禁言

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が落ちて来る。こういう“科学的”と呼ばれている予報も、実際のところは“データからの可能性”を示すもので、その本質においては「占い」とそれほど大きく違っているわけではない。ただ「占い」に比べると、過去のデータ量が膨大である。それをコンピュータ処理しているはずだから、大きく「外す」というのは、データ処理の仕方に問題があるのか、自然界の“気まぐれ”に追いついていないのか、どっちかだということになる。「占い」は“必要なデータ”を集めること自体が大変に難しい。例えば、私は“新型コロナ”に感染した人々の生年月日から、この病気に掛かり易い人の特徴として「ドラゴンヘッド」が関与していることを突き止めた。コロナによって死亡した人、死亡はしなくても重傷だったとか、暮らしが激変したとか、仕事上への影響が大きかったとか、そういう人々を主体にデータを集めた。その結果、新型コロナが運命的な役割を果たした人達には、共通してドラゴンヘッドの関与が視られるのだ。おそらく、それはドラゴンヘッドという“擬似惑星”の正体に関係している。それは黄道と白道との“交点に当たる”位置で、われわれは「日食」や「月食」としてドラゴンヘッドを観察している。コロナに限らないが、おそらく感染症というのは、人と人との“接点”から生じる病気なので、太陽の軌道と月の軌道との“接点”であるドラゴンヘッドは、感染症と共通の性質を持っている。もちろん、これは私が勝手に言っていることで、他の占星家がどう思っているのかは知らない。というか、私は他の研究者たちが「新型コロナ」に関して、どのような研究材料を持っているのか自体知らないのだ。もしかしたら、私以外に、そういうことに興味を持つ人はいないのかもしれず、いても既存の占星学に無いことは“お手上げ状態”なのかもしれない。或いは、私などよりももっと進んだ研究団体のようなものがあって、とっくに解明しているのか…いずれにしても、国家予算を投じている「地震予報」の精度が“占い程度”では、いかにも心もとない。


最近の記事はこちら

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.