今日の迷言・余言・禁言

十年後「変貌」の魔術

「運命」は解らない。熊本の地震のニュースをネットで追っていたら、奇妙な“ユーチューブ配信”を見つけてしまった。札幌出身の歌手・五ノ井ひかりが、女性タレント(?)番組の中で占いを行っていた。実は、私は彼女を何度か占ったことがある。と言ってもまだ子供の頃で中学生くらいの頃と確か高校終わりくらいの頃だ。当時は「アイドル歌手」を目指していた。大人になってからは東京へと出たので、母親を通じて「メール鑑定」をした記憶がある。記憶力の悪い私が何故覚えているかというと、彼女の母親に“占いを教えていた”からである。世の中というのは解らない。その彼女が「占いも出来るシンガー」という形でネット番組(?)で登場し、“ユーチューブ配信”されていた。実際に直接鑑定したときからは、もう十数年が経っていた。だから変貌していて当たり前なのだが、直感的には「占い師」として将来的に売れるかもしれない、という気がした。技術や知識はまだまだ“素人”だが、カリスマ的な或る種の“雰囲気”を持っている。元々勘は良いはずだから、技術さえ身に着けば「人気占い師」になっていく可能性は秘めている。正直、子供のころから「アイドル」の持つ輝きはなかったが、何かしらの分野で“自己表現”していく素質には溢れていた。十代半ばからの“女性の十年後”は本当に解らない。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.