今日の迷言・余言・禁言

十代から“飛翔する”日本の若者たち

ブルガリアで開かれている“世界三大バレエ”の一つ「バルナ国際バレエコンクール」で、日本の4人の若者たちが揃って入賞した。今回は残念ながら1位は逃した。五島温大君(18)、大森一樹君(18)、井崎エレナさん(16)、高森美結さん(19)といった方達だ。このように名前を並べても、多分、誰も知らないのではないだろうか。なぜなら、いずれもが現在は海外に居住している。つまり、日本で活躍しているバレリーナではない。五島君と井関さんはベルリン、大森君はリスボン、高森さんはハンガリーの各国に留学中なのだ。だから或る意味では日本だけでなく、留学しているそれぞれの国の誇りも背負ってのコンクールなのだ。それにしても、いずれも十代だ。日本から遠く離れたヨーロッパに、日常言語も英語ではない各国に、単身十代から“芸術留学”をする。そういう時代になったのだ。私には、そのこと自体が信じがたい。ご両親も、それを望まれていたのだろうか。確かに、十代から国際バレエコンテストで入賞すれば、その後の“バレエ人生”は保証されたも同然なのだ。そして、そのためには日本国内だけでの練習や教育では難しいのだろう。音楽や踊りには“早期教育”が有効らしい。ただ一抹の“寂しさ”を私は感じる。さまざまな分野で“十代半ば”が来ると、素質のある人、能力のある人は海外に行く。それはそれで“素晴らしいこと”なのだが、結局は“普通の十代”とは違ったものになる。AKB48系の少女たちの中には、逆に“普通の十代”に戻ろうとするメンバーも出てきている。どちらが幸福なのかは誰にもわからない。特異な才能を磨くことで“輝かしい人生”を歩める可能性もある。それを棄てることで“平凡な一市民”としての人生もある。幸福度は“名声や地位”では測れない。最終的には、本人が“公開しない人生”が一番良いのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.