今日の迷言・余言・禁言

出遅れ「日本株」の“本格上昇”が始まる⁉

このところ世界的な情勢が“急展開”しつつある。米中の“貿易戦争”は、とりあえずの“お休み”に入る。そして、その足でトランプ大統領は実質的な“米朝会談”に向かった。元々がビジネスマンであるトランプ大統領は、そういう“ぶっつけ交渉”を得意としている。そして北朝鮮の国土に一瞬“足を踏み入れて”見せた。これは北朝鮮のマスコミ向けとして“最大級のサービス”となる。極端な話、何一つ、交渉として進展していなくても、国家としての「北朝鮮」はアメリカ大統領が、我が国土を踏みしめて「敵」ではないことを表わした、と国民向けに報道出来る。これは大きいのだ。つまり、これによって金正恩氏は「もうアメリカは攻撃してこないから、核兵器の開発はしなくて良くなった」とアピールできる。さらに「この交渉を推し進めていけば経済的援助も獲得できる」とつなぐことが出来る。実際にそうなっていくかどうかは問題ではない。国民向けに“将来的な発展”を暗示させることが重要なのだ。その点、日本の安倍総理の誤りは“声高に”「無条件交渉」を呼びかけたことだ。「無条件交渉」自体は誤りではない。けれども、それは“声高に”呼びかけてはならない。なぜなら、それだと北朝鮮の国内向けに公表できない。建前上、北朝鮮は「拉致などしていない」ことになっている。呼びかけに応じると、なぜ「敵国」としてきた日本と交渉するのか、国民には納得できないことになる。だから“声高に”呼びかけるのではなくて、トランプ氏のように金正恩氏と“個人的なやり取り”の中で伝えれば良いのだ。ロシアとの交渉にしてもそうだが、最初の段階で「二島返還」でプーチン大統領と一対一の中で決めてしまえば、途中から覆されることなどなかったのだ。日本の一部には、どうしても「最終的には四島を…」と言い出す人がいる。マスコミもそれに乗って、すぐ報道してしまう。だからロシア側からすれば「話が違う」ということになる。余計なことを書き過ぎたが、本題に戻って、世界情勢はいつでも流動的である。私は以前から「日本株」の場合、ドル円相場が大きく影響すること、原油価格も影響することを主張してきた。とりあえず、出遅れている「日経平均」が元に戻るには、ドル円で108円台後半、原油価格で60ドルに戻さなければならない。それが出来れば、じわじわと日本株も戻っていく。本当はドル円で111円、原油価格で64ドル付近まで戻ってくれると、年初付近まで戻っていくよう感じられる。ただ、米中の貿易戦争が“一応のめど”が付いたことで、“景気敏感株”としての日本株は確実に上昇していく。特に、極端に低迷した“半導体関連株”や“AI関連株”などは急速に戻す可能性もある。そういう意味では「令和」の将来が掛かっている日本株の本格上昇はこれから始まるのだ。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.