今日の迷言・余言・禁言

再延期となった「先住民族」の館

あまりニュースでも取り上げられないものの一つに日本の“先住民族”に関しての話題がある。日本の“先住民族”とは、もちろん「アイヌ民族」のことだ。ところが、北海道限定ということもあって、今一つ“先住民族”としての存在感が乏しいのが現実だ。一つには、その遺跡にしろ、民族文化にしろ、地味なものが多い。従って現代人から見ると見過ごしやすく“とっつきにくい”ということもある。本当は“とっかかり”としての「目玉」になるものがあれば良いのだが、そういうものが今のところ見つけられない。けれども、そのアイヌ子孫の方達の努力の甲斐あって、政府が主体となって、国立アイヌ民族博物館「ウポポイ」が北海道の白老町に誕生した。本当は4月24日に開催式を行う予定だったらしいが、今回の“コロナ騒ぎ”で無効となってしまった。そこで5月29日に延期して開催する予定にしていたのだが、どうもそれでは早すぎるということになって、昨日、開催式は「完全未定」となってしまった。どうも、スタートが良くない。実は、アイヌ民族の資料は、その多くが国外に持ち出されている。ロシアやドイツやアメリカに多い。日本の“先住民族の資料”でありながら、その数1万点以上がサンクトペテルブルク博物館などに収蔵されている。おそらく、その当時の日本人にとっては“異国の印象”を与える“アイヌ民族の文化”は受け入れがたいものだったのかもしれない。早くに来日していた欧米人が、その貴重さに気付いて収集してしまった。したがって、現在まで残されている“アイヌ文化”には資料としてやや不足気味な面が否めない。それでも、今回の「ウポポイ」は国が資金を投じているだけに、これまでの“アイヌ関連の施設”等に比べるとスケールが大きい。まず、その外観からして特徴的な形で興味深い。しかも、一つの史料館だけではなく“工房”とか“歓迎の広場”とか“体験学習館”とか“体験交流ホール”とか、実にさまざまな建造物が他にも建設されている。広い敷地を提供されて、新しい「アイヌの村」を作ったような印象なのだ。ただ正直な感想を言うと、何かがものたらない。私はアイヌ伝統の“歌”→例えば「ピリカ」を現代風にアレンジして一流歌手が歌えばヒットするような気がする。そういう形から入った方が、頭から「学習させる」という形よりも、注目を浴びそうな気がする。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.